スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅緋古譚 37 標本2

 外で誰かの声がする。
 変態達とはちょっと違う、知っている奴の声。
 ふと意識が浮上する。

「おい、何故、こんなことになっている?」
「ちょっと…、待ってください」

 煩いな、でも気になるな。
 目を開けたいが、どうも眠くて目が開けられない。
 変だな。

「……今、睡眠レベルにまで強制的に、脳波を落としました。これで聞えても彼女には夢としか感知できないでしょう」
「そんなことまでやっているのか?」

 そんな会話が聞こえて、納得する。
 そうか、おれは今標本だから、そこまで関与されるんだ、と。
 生死全般はもとより、自分がいつ目覚めるかさえも。

「じゃあ、訊く。何を考えてお前は彼女のこんな状態に手を貸している」
「私が彼女を助けることができると思っているのですか?」

 責める声とそれを皮肉る声。
 変なの。
 そんな風におれの事を思う奴等、居なかったはずなのに。

 仲間でさえも、ただの同じ穴の狢でしかなかった。
 みんなうすうす感づいていた。
 生きて帰ってきた場合、次に戦場に出れないと判断されると、生きた標本になる。
 だから戦場で完全に死にたい、と思っていた。

「ああ、お前なら、自然死を装って、また事故を装って、彼女がこんな風になる前に、解放出来た筈だ」
「それこそ買いかぶりです!何処をどうやったら出来ると思うのですか?
 基本担当医が彼女をこの状態に仕上げました。
 私はただの助手です。
 更にモニターを見る側である私でさえ、何処でモニターされているか分からないのですよ。
 それこそ今、ここでさえも」
「それは無い。ジャミングをかけているから、この時間は平気だ」

 冷たい声がそう断言する。

 ああ、これ、“狼”の声に似ている。
 何で奴がこんなにおれを気に掛けるんだろう?
 ただのギブアンドテイクしかなかったはずなのに。

「こんな生きた標本にされるのが、彼女のためじゃないのは分かるだろう。
 それともこんな状態でも生きていて欲しいと思ったのか?
 こんな、地獄な状況でも。
 冗談じゃない、そんなこと俺は認めない。
 これは生じゃない、死でもない中途半端な状態が一番許せない」

 憎しみと悲しみ、そして相手を責めていながら、自分を責め続けていた。

「それが……、貴方の傷なのですね?」

 もう一人が断言する。
 悲しみと憐れみと、同情と理解と。

 何故そんな事をおれが感じ取れるのか不思議だったけど。
 でもそれらを確実に感じた。

 目を覚ましたい。

 ふとそう強烈に思った。
 見たい。
 誰がこんな会話をしているのか。

 目を開けようとするが、邪魔をするモノがあった。
 
 『眠れ』と言い続けるそれ。
 抵抗しようとするが、上手くいかない。

「私は……、手を下せませんが、協力はできます」
「……」
「何時でも相談してください」

 更に暗闇に引きずり込もうとする力が強くなる。
 駄目だ。
 引きずられたら。

 でもおれはそれに逆らえなかった。


 目を開けた時、そこには誰もいなかった。
 やっぱり夢だったのか。

 人工的な最小限の明かりと、色々な機器やモニターの明かり、そして生命維持装置の立てる電子音。
 空気や水の流れる音。
 それがこの世界の全て。

 時々意識が浮上するが、それらが変わったことは無い。
 偶に変態とか助手らしい人がいる程度だ。

 そうしておれは再び目を閉じた。

紅緋古譚 36 標本

 ふと、何かに気づいて目を開けた。

 ここはどこだろう。

 私は……?

 ぼんやりとして分からない。

 そして視界に何かが目に入った。
 人影。
 白いぼんやりとした。

 こちらを見上げているようだ。
 なぜ、私は見降ろしているのだろう。

 そいつは何か話しかけているようだった。
 でも聞こえない。

 そして再び闇へと堕ちていく。



 次に目を開けた時、私が液体の中に居るのを感じた。

 ここはどこだろう。
 私は。
 私は死んだのではなかったのか。
 戦場で。

 ふと右に目をやる。

 腕が。

 無かった。

 いや、肘まではある。
 筋肉がむき出しだが。
 その先は切り取られたようにない。

 左も似たような状況だった。
 こちらは筋肉も無く、何故か細かい網目状の何かが腕の形になっていた。

 まるで虫ピンで留められた標本のようだった。

 そして、からだ。

 わずかに膨らんでいた胸が無かった。

 感触として。

 内臓が水に浸かっているような感覚だった。

 どうやら開けられて、全て見れるようになっているようだった。

 そこまで気付いて、ふと疑問に思う。
 私は生きているのだろうか?

「ああ、目が覚めたね」

 そう言う声が聞こえた気がした。
 見ると白衣を着たそいつがうっとりした顔でこちらを見上げていた。

「残念ながら、君にもう自由は無いよ。
 戦えなくなったんだから、仕方ないよね。
 処分されるところを引き取ったんだよ、標本にするからって。
 動く為の神経は首のところで切断されているけれど、感覚神経は残してあるから、どういう状況下は分かるよね?」

 そいつは嬉しそうにそう私に語りかけた。
 話すにしてもこちらは空気さえ、無くどうしようもなかった。

 感覚神経が残っている、と言われてふと感じようとしてみた。

 首の後ろで。

 何か機械に繋がれて、肺への酸素の出し入れを強制的にされている感じがした。

「ああ、本当に君は綺麗だねぇ。外も綺麗だけど、内臓もすごくきれいだ。**が摘出されているのがもったいないな」

 この変態め。
 そう毒づいてやりたかった。

 そのほかにもあちこちピン止めされて、内臓器官が見えやすくされているらしいのは感じた。

 生きた標本。

 そう言うものがあると言うのは聞いていたが。

 このまま、こいつの手のウチで生きるのか?
 こんな何も出来ないまま、感覚だけ生かされて。

 約束。

 覚えているかな、奴らは。

「ああ、でも@@@@だけ摘出して標本にしても、綺麗だろうね、君は」

 こいつのおかしな話を聞きたくなくて、目をつぶった。

 そう、約束した。
 この変態達の手に落ちたら、必ずとどめを刺しに行くと。
 仲間と、チームと。

 一度私はそれを守った。
 その為に死線へとおくられた。
 その結果がこれだ。

 まあ、いい。
 どうせそう長い事じゃない。

 ゆっくりと一時の暗闇に身をゆだねた。
 変態の語りを子守歌代わりに聞きながら。

紅緋古譚 35 最期の戦場

 出撃前に意外な人物に出くわした。

 “狼”だ。
 しかも制服を着ている。

 更にたまたま通りがかったと言うよりか、おれを待っていたような感じだった。
 こちらを認めると、奴はにっこり笑った。
 油断のならない顔で。

「よお、ルーちゃん、これから出撃?」

 分かり切ったことを聞く奴だ。

「見たとおりだ」

 そう言って着ているバトルスーツと得物を示す。
 
「相変わらずだねぇ」

 そう言っていつもの通り笑った。
 しかし何かがおかしかった。

「何かあったか?」

 気になり聞く。
 が、奴は笑ったまま「さあね」とだけ答えた。

 思わず怪訝な顔になる。

「たまには出撃の見送りも良いでしょ?」

 そう言う。
 らしくない。

「大丈夫かお前。なんか変なものでも喰ったのか?」

 思わずそんな事を言ってしまう。
 今まで何度も作戦で出撃したが、奴と知り合ってからわざわざ見送りに来た事など皆無だ。

 奴もわざわざ来るほど暇な訳じゃない。

「あのさ、恋人に『行ってきます』のキスの一つでもしたらどう?」

 そんな事を言い出す。

「誰が恋人だ、馬鹿か、テメーは」
「え~、でも俺の女なんだから、似たようなものでしょ」

 笑って手招きをする。
 まったく、おれが奴にとっては、たくさん関係を結んでいう女の一人でしかない、のはおれが良く知っている。

 何があったか分からないが、賭け事でもしているのかもしれないな。
 奴が居なくなったら面倒なことが増えるのは分かっていたので、それなり付き合うつもりで側に行く。

 ため息をひとつついてから奴の顔をまっすぐに見る。

 と、思った以上に真剣なまなざしにぶつかった。
 奴特有の薄い青い瞳はまるで笑っていなかった。
 思わず息をのむ。

「ルージュ」

 静かな声で言われて、顔を挟まれる。
 軽いキス。
 らしくない。

「ルージュ、ちゃんと生きて帰っておいで」

 そう言われた。
 間近から覗きこまれ、真剣なまなざしで。

「生きて帰ってきたら、何か良いことあるのか?何かくれるのか?」

 冗談めかして聞いてみる。
 こういう真剣なのは苦手だ。

「そうだねぇ、ルーちゃんの好きな甘いケーキを山盛り用意しておくってのはどう?」
「…………そうだな、10日分は用意してもらおうか」
「そんなに食べたら太るぞ?」
「どうせ訓練で消費される。大丈夫だ」

 そんないつものかる愚痴を応酬をする。
 こいつのらしくないのを見ていたくなくて。

「まあ、確かにちょっと太った方が抱き心地が良くなるから、それも良いかもねぇ」
「悪かったな」
「悪くないよ。今のルーちゃんも可愛いよ」

 そう言う奴はいつもの通りに見えた。
 それで少し安心する。

「じゃあ、おれは行くからな。お前といつまでも遊んでられない」
「ああ、行っておいで」

 おれは向きを変えて歩き出した。
 ふと、気になり振り返る。
 奴は先ほどの場所から、こちらを見ており、振り返ったの気付いて手を振った。
 それを無視してまたまっすぐにおれは歩きだした。



 その作戦は。
 ある種の地獄だった。
 切っても切っても、痛みを感じてないように襲い来る敵。

 いくら斬るのが好きでも、血が飛び散っても、歩みと襲撃を辞めないそれらに疲弊していった。
 まるで敵は人としての意思が完全に無いみたいだった。

 さすがに息が切れる。

 撤退命令がない。
 おかしい。
 無視することはあっても、聞えないことは無かった。
 通信機が壊れているのか?

「ルー!」

 誰かが叫んだ。
 
 おれはバランスを崩して遅れをとった。
 集中も切れる。

 その時。
 深く敵の刃がおれをえぐった。
 
 そして腕が、おれから離れて剣を持ったまま落ちた。
 
 あ、死ぬんだ。

 そう思った。

 最後に見たのは。
 空が青く澄んで高く、雲が白くてきれいだった。

 青と白も綺麗だったんだな。


紅緋古譚 34 投薬2

これだけ抜けていた。
本当は「9 投薬」の後。

+++++

 頭が痛い。
 ずきずきする。

 宿舎のベッドで頭を抱え込んで寝ていると、誰かがやってきた気がする。

「さ、これを飲みなさい。気分が良くなるよ」

 いつもの軍医だ。
 おれの担当医だと言いやがった。

 いやだ。
 そう言いたかった。

 お前の持ってくる薬は、気分が良くなるのは最初のウチだけだ。
 後ですごく気持ち悪くなる。
 だから飲みたくない。

 言いたかったけど、それは言葉にする事は出来なかった。
 痛みをこらえるのを必死で。

 カプセルを口に含ませられて、強引に水で流しこまれる。

 むせる。

 それで気が紛れて、痛みからそらされる。

「直ぐに効いてくるよ。ゆっくりお休み」

 優しげな口調でそう言う。
 でもそれが表向きなのは誰よりもわかっている。

 こいつは。

 こいつは私を実験動物だと思っているのだ。
 そして動物を愛でる目で、おれを見る。

 嫌いだ。

 でも。
 でも目を見ると何も言えなくなる、深い色に吸い込まれそうになる。
 だから苦手だ。

 徐々に痛みは引いて行った。


++++


 最初に薬を飲まされたのは戦場に出る前だった。

「運動能力が飛躍的に上がる薬があるよ。疲れにくくもなるよ。
 これを飲んでいくと良いよ」

 確かに疲れ難くて、動きが早くなったけど。

 でもその分、後で体が動かなくなった。
 頭が痛くなった。

 動けない間、こいつの部屋で器具に繋がれているから、変な奴らがよって来なくて助かったけど、それだけだ。

 どんどんひどくなる。

 飲みたくない、薬なんか。

 何が軍医だ。
 ただのマッドサイエンティストじゃないか。

 気持ち悪い。

 これじゃまだレコーダー(記録係)達の方がまだましだ。

紅緋古譚 33 調整

 バトルスーツの調整があった。
 特に不具合は無かったが、何か新しく開発した素材がどうこうと言われ、データをとるためだった。

 そこからの帰り道のことだった。

「あれ、君、あいつの情人じゃない?」

 そう声を掛けられて、そちらの方を冷ややかに振り向く。
 制服着た知らない奴が立っていた。

 そのまま無視して通り過ぎようとする。
 すると行く手を遮られた。

「覚えてない?あいつが退院した時に、あいつの家で馬乗りになっていただろ?可愛かったから俺は覚えているんだけど」

 言われて闖入者がいたのを思い出す。
 思わずムカつく。

「あいつが女性戦闘員に夢中になっている、と聞いた時はどういう方向転換だと思ったけど。
 ふうん、確かにこうやって見ても可愛いねぇ、気持ちはわかるかな」

 そうベラベラ勝手にしゃべるのを睨みつける。

 あまり好きな類の奴じゃないな。
 どいてほしいと思う。

「ねえ、どうせなら俺にも試させてくれない?
 あいつがのめり込むくらいの体なんだろ?
 興味があるなぁ。君にとっても俺の方が、あいつよりも良いかもしれないよ?」

 そう言ってねちっこく肩を抱き寄せようとする。

「触るな」

 一応そう警告する。
 だがそいつは意に介さないようだった。

「そう冷たいこと言わずに、ね。直ぐそこにおれの自由になる部屋があるし、時間かからないし…」

 そう言ってそいつは肩に手を置いた。

「触るな、と言っただろっ!」

 いうと同時に短剣を一閃させる。
 手ごたえがあり、同時に赤い色が飛び散る。
 ふふふ、こんなやつでも、やっぱり綺麗な赤なんだな。

「イテッ!何しやがるっ!」

 突然のことに傷口を抑えて、そいつが喚く。
 ぽたぽたと赤いしたたりが押さえきれず落ちる。
 そうだろう、太い血管を斬り裂いたからな。

「ふふふ、奴はこれくらい平気でよけたのにねぇ」

 思わず笑みがこぼれる。
 
「お前、俺にこんなことしてただで済むと思うなよっ!」
「どうただで済まないんだ?」

 負け犬の遠吠えのような言葉に、冷ややかな声が重なる。
 奴だ。

 普通の戦闘服のようなものを着て立っていた。

「ウ、ウルフ…、こいつが突然」

 途端にそいつが言い訳じみた事を言い出す。

「人のモノに手を出そうとした報いだろ。それですんで有難いと思え。下手したら新しい実験体になっていたかもな」
「おい、こいつの方を持つのか?!」

 悲鳴のような声が上がる。

「俺はね、お前の力は認めているし、それなりに敬意を持って接しているつもりだよ。
 でもこの間邪魔してくれたのも含め、人の気に入ったのに手を出そうとした事を許せるほど寛大じゃないんだよね」

 奴はいったんそこで言葉を斬った。

「それにこれくらいの攻撃、避けられないなんて、お前、緩んでないか?
 『再教育』申請してやるから、じっくり修行して来い」

 冷ややかにそう言って笑った。
 俺の前では見せない、冷たい顔だった。

 怪我した奴は『再教育』という言葉に震えて、慌ててその場を立ち去った。

「悪いな、ルーちゃん、面倒な思いさせて」

 そう口調を変えて声をかけてくる。

「あいつ、同僚か?」

 一応聞いておく。

「ん~、まあ、似たようなモノ?あの怪我じゃ、しばらく使ないな」
「悪かったな」

 念のため謝る。
 こいつの手ゴマを減らすつもりは無かったのだが。

「あ、いーの、いーの。ルーちゃんの攻撃を避けられないような、使えないバカは要らないから。
 それよりこんなところでどーしたの?」

 そう聞かれる。
 確かにおれの通常の行動範囲外ではある。

「バトルスーツの調整の帰りだ」
「ああ、そうなんだ。じゃあ、これから訓練?」
「そうだ」
「じゃあ、またね」

 そう言って奴は戻っていった。
 俺もそれを見て、訓練場所へと移動した。

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。