スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山での出来事2日目ー3

灯篭堂は表にも書いたと思うけど、何故か読経が聞こえていて。
でもどこからかはさっぱりで。
もう少し目を凝らせば違ったんだろうけど。

相変わらずここはすごいエネルギーでした。
まだまだあまり長居出来ないです。

そして再び裏の御廟へ。
ここで再びお線香と蝋燭をともして、しばらくぼーっとしてました。

次にそのまま気になっていた地下の方へ。

ここでとくに何があるってわけではなく。
ただ単に良いなぁって感じでした。

そのまま外に出たら、何とちょうどツインさんが。
なので一緒に宿に戻りがてら、お話し。

彼女は彼女で色々課題と向き合っていたようで。

一応一通り聞いてから、
「でもさ、ここはリラなんだよ。
 ちゃんと伝えないと駄目だよ」
とアドバイス。

彼女は彼女で自分の気持ちを伝えることが、なかなか難しい課題を持ってたので、この場所でぶつかるってことは、一歩踏み出すためのおぜん立てだったんだろうね。

そのまま彼女はグルグルしていたのだけど。

それにしてもどーしてここの帰りは何時も誰にも会わずに、一緒にならないんでしょうねぇ?

そしてお菓子を買いに行く途中で、宿坊の朝の護摩祈祷をやった場所から、読経の声が聞えて来てたのをツインさんが聞きつけ。
聞いて行きたい、と言うので一緒になって、外から聞いてました。

そして終わってから、お坊さんに
「ありがとう」
といわれ、ちょっと気分が上昇したようでした。

そのままコンビニにお菓子を買いに行き、戻ってからご飯でした。

そうそう、夕飯の時に地方勉強会でお世話になっているTさんが遅れてきたのだけど。
こちらの方はまるっきり見ずにまっすぐ先生の方へ。
何か余裕のない感じでした。

そして二日目のシェア会が始まるのでした。

……続きます。

高野山での出来事2日目-2

ご飯の話と、香屋さんのことは割愛するねw

そーいえば、6期生の人たちは結構同期で固まっていて、あまり周りとか一般参加者とかに、気を配っている人は少なかったなぁ。
自分たちだけの世界に入っちゃっている、みたいな感じ、とでも言うのかな?
まあ、良くある話よね。

その中でもMさんはすごいお世話になったけどw
この方はすごいハート開いている方でした。

そして午後から奥の院へ。

まずは一番最初に引っ掛かった薩摩島津家の供養塔へ。
ここは結構掃除とか行きとどいて無くて、びっくりしたが。

とにかく感じよう、問いかけようとして居ました。
「呼んだよね?一体何で?恨みでもある?(会津出身だから)」
と聞いたら、
「恨みなどはない、ただ来て欲しかっただけだ」
と言われたような気がします。

うーん、この時にやっぱり般若心経の本(百均でかった 爆)とティンシャを持ってくればよかったと、後悔しました。
前日持って行こうと思ったんだが、辞めちゃったんだよねぇ。
このパターンって前もあったなぁ……。

一通りまあ、良いだろうってくらいに居てから移動。
次に米沢の出羽守供養塔へ。

ここから帰る時に、老夫婦に出逢って、
「おお、人間かぁ。いきなり出てくるからお化けかと思った」
とか言われ 笑
「人間ですよ~~~」
答えたりw

そいえば山口毛利供養塔が何故かトラロープが張ってあって、入れないようになっていて。
ついでに聞いたんですよね、何でロープ張ってあるんですかってその老夫婦に。
そうしたら、

「ほら、崩れて来て危ないだろう。だから近寄れないようにしてある」
と言われました。

後から、リラの一団が来たんだけど、一応そのことを伝えようと思って、話しかけたけど、自分たちのことで手いっぱいって感じで、聞いちゃいねぇ 苦笑

をーい、もうちょっと周りにもアンテナ張り巡らした方が良いぞー。

そこから降りてきたら、ちょうどツインさんと会ったんだよねぇ。
それまで別行動でした。

そこからしばらく一緒に動いて、いきなり呼ばれて信州諏訪高島家供養塔へ。
ここでいきなり歌いたくなって、歌っていた。
はい、いつものことです。

でもツインさんが追いついた時は、止まってしまったが。
何だろ~。

そして、ここらでもう少し何かあって、ツインさんと別れたんだよね。

その時一緒に居たリラの方と一緒に行動。
そして吹き出しの場面を見てきました。

後で聞いた話、一応本人の顕在意識もあって、吹き出している過去世を押さえようと思ったら、押さえられたらしい。
でもそこで出し切ることが必要で、仲間もいたし、だから出して納めてもらった、と言っていた。

本当にこの時は無理に本人意識を呼び戻す必要はないらしい。
表出した人格(過去世)に寄り添って、話しかけ、同意し、そして徐々に現在の人格を呼び戻せばいいらしい。

でも吹き出した、ということはそれは未処理の想念として、魂に刻まれているので、取りあえず一緒にケアが必要らしいのだが。

一通り見学して、吹き出した本人が戻ったのを見届けて、そこを去りました。

薩摩島津の初代~3代目までの供養塔へ。
ここも呼ばれたのだが、やはり感じず。

……帽子をかぶっていたら、やっぱり駄目なのか??

そして明智の供養塔へ。
ここでやっぱり、胸が徐々に痛くなるんだよね。

「どんな気持ち?」
と聞かれて、
「何かね、『何で死んじゃったの?』というのに近い感じ。慕わしい感じ」
と答え。

そう、確か本当は明智光秀は腹心の部下の一人に毒を盛られて死んだってのが真相らしいのだが。

前日にそれを先生から聞いてはいた。
同時に毒を持った人もいたらしい。

それを改めて言い聞かせるように、聞かされて。
かなり複雑な変な気分だった。

でも出てこないんだよね。
胸の、ハートのあたりで詰まっているという感じで。
逆にこれって苦しいんだよねぇ。
思い切って出た方が、すごい楽だな。

仕方ないので、いったん棚上げして、先に進みました。

織田信長の供養塔に改めて行ったけど、前日ほどじゃなかった。
なので、スルーして。

そして御廟の橋を超える手前の護摩堂等の方に、ツインさんが居るのをちらりと見て、でもそのまま私は灯篭堂へ行ったのでしたw

続きます、多分。

高野山での出来事2日目

そして翌日は6時過ぎに起床。
でも眠くてなかなか布団から出られず。

朝の勤行は7時からでした。
ちゃんとお焼香もして、本尊様にも御挨拶だが、特に何も感じず~。
次の護摩祈祷も同様かなぁ。

んでその後朝ご飯w
おいしかったですよ~♪

そして霊宝殿に向けて出発~♪
の前に、一応説明を受けたんだっけ。

仏像のエネルギーがすごいから、ちゃんと受け取ってみなさいって話と。

どうやらここでイニシエーションが先生には起きちゃったらしく、いきなり光を降ろされてぶっ倒れたらしい。
しかもそう言う時に限って、次が誰も来ず、見にも来なかったらしい。
完全に隔離されていたよーです。
ま、そんなもんだろう 苦笑

その途中の摩尼塔に寄ったのは、表ブログにも書いたので、割愛するw

けど、ここでしばらく過ごした時に、隣の成福院が気になったんだよね。
敷地に入ってお話ししてこようかと思ったくらい。
帰って来てから調べて知ったのだが、ここの摩尼塔を立てたのが、成福院の住職らしい。
それで管理もここがやっているみたい。

うーん、結局私のセンサーはちゃんと機能していて、後は私がどれだけそれにしたがって動けるかが、問題なのかもしれん。

んでお菓子屋さんも割愛w
そういえば、ここで先生が奢ってくれるという話を、後ろの方にまわさなかったらしく、一人お金を払おうとしてしまったらしい。
んで、先生がちゃんと伝えなさいってスタッフに怒っていた。
でもこれは前日の一の橋を渡るときにもあって。

色々と課題があるのかもしれん。

そして霊宝館ですw
団体で入って、入口すぐの大日如来像で、いきなりがつーんとエネルギーが飛んできて。
んでもって、思いっきり咳き込んでしまったよ orz
あー、苦しかった。

これは完全に好転反応というか、変なものがあふれ出てきたというか。
神社で御挨拶した時と同じですねぇ。

んでしばらくそこに居たのですが。
でもあまり引っかからず、そのまま奥へ。

そしたら大日如来座像の所で、
「やっと会えた」
という気持ちで涙が出て来てウルウルしてました。

そしてそこの床に座ってしばらく瞑想というか、エネルギーを感じてました。
どちらかというとエネルギーを貰っていた、に近いかな。

そしてその隣の四天王像を見ていた時に。
どちらの像だったかなぁ?
鎧を見ていたら、なんかリアルに感じられたんですよね。

で、そんな感じの鎧を着ていた感覚があって……。
そしたらいきなり「物語」がDLされ orz
いや、こんなところでいきなりDLするなよ

ちなみに私は四天王の部下の一人だったよ―な 苦笑
若造のペーペー何だけど、まあ、いわゆる小姓ってやつですね。
そんな話が降りてきた。
もしかしたら、想念を拾っただけかもしれないが。

そこから移動して、ずらずらと資料も見て、次に気になったのが、紫雲殿にあるお釈迦様像でした。
しかも紫雲殿に入るととにかく暖房が無くて、しかもプラズマ除菌装置が働いていて、余計に寒い 爆
入る前に戴いたカイロを思わず開封しましたよ。

しばらくお釈迦様像の前で瞑想。
そして移動したのですが。

今度は南廊を通った先にある、千手観音像の呼びとめられ
しばしそこで歓談?する羽目になりました。

でも寒くてさ~~~。
「あの~、寒いんで、移動していいですかぁ?」
「そう言わずに、もうちょっとここにいなさい。これくらい我慢しなさい」
なんて会話をしておりました orz

そしてそこを通って、放光閣にある大日如来座像の前へ。
ちょうど経歴&説明が掲げてあったので、迷走しているリラ生の間を縫って、そこを一応目を当誌に行ったら。

「お前、何をしている。そこに座れ!」
といきなり言われ

しばらくお説教を聞いてました。
何故か内容が詳しく思い出せないが。

確かふらふらせずにちゃんと一つのところでちゃんと留まりなさい、とか言う話もあったような。
んでもって
「先ほどの続き」
とか言われて、そのままエネルギーをながされていたよ―な。

あ、先ほど、というのは最初の方にあった大日如来座像の所のことのよーです。

で、やっぱり此処も寒くて、私は我慢できなくて

「あの~~~、寒くて我慢できなんですけどぉ」
と言ったら、
「温かい所で、きちんと受け取らずに、こんなとこに来たのはお前だろう。つべこべ言わずに我慢しておりなさい」
「でも、ちょっと無理、あちらの温かい方にまた行きますから、それで勘弁してください」
「今さら何を言っている」
「でも本当に私無理なんですけどぉ、絶対にあちらでいますからぁ」
といい募り 爆
新館の方へ移動しました。

一応最初の方の大日如来像の前にもしばらく居て。
というか、瞑想ついでに少し寝てたよーな気もするがw

んで、再び少し奥の大日如来座像の前に。
しばらくまたエネルギーを受けてました。

それからはおなかがすいたので、そこを出て。

そしたらちょうどツインさんがミュージアムショップでものを物色中でしたw
ついでに見たけど、私はあまり気に入らなかったので、買わずじまいでしたが。

そしてご飯を食べに出たのでした。

続きます orz

高野山での出来事1日目-2

そして一日目の晩ご飯w
おいしかったけど、精進料理のためか量が少なく←
ご飯の代わり2回もしちゃったよ

2回目なんてツインさんが
「これ、食べきれないから」
というおかずを戴いたりして 苦笑

彼女は量を少なく、なんかいかに分けて食べる人だそーで。
そーゆー人もいるわね。

ビールもちょっと戴いたかな。
でもあまりやっぱり好きじゃない。
日本酒貰えば良かったかも。

そしてお風呂タイム~w
でも寒くてさ~~~~。
すごいお風呂が暖かかった。

でもやっぱり出ると寒くて。
浴衣の下に、下着来て、靴下とかはいて。
念のためにもって行ったトレパンまで履きました。
ホントーに寒かったもん。

そしてシェアタイム、と言っても同時に何名かお風呂に入りながら、なんですけど。

一応リラの6期生とそれ以外の人に別れてのシェアタイムでした。
奥の院で何を感じたかって感じで。

そこからリアルにどう絡めて浄化して行くか、ってのがリラでは大事で。

奥の院のお墓で吹き出したり、また想念を拾ったとしても、それは今の生活の中でリンクした問題が起きているはずだから、という話なんですよね。

それで一人目の人が話をしたのは、何だったか良く思い出せないのだが。
リアルですごい恋愛がらみで傷ついた話をシェアし。
結婚目前まで行った彼を親友(だと思っていた)人に取られて、大変だったという話で。

ただそれがすごい淡々と話すので、逆に感情抑圧をしているんじゃないか、という話になり。

その人にとってはすごい尊敬していた親友らしいのだが、だがやっている事を聞いていると、そんなに尊敬に値するような感じは受けなかったなぁ。

それでも彼女はその親友と元彼にどれだけ気持ちを伝えることが出来るか、という点が課題らしい。
それが出来れば、その想念も浄化されるから、ということでした。

ツインさんは豊臣秀吉の墓でちょっと感じるモノがあったらしい。
彼女の住んでいる側に、秀吉の弟の墓があるらしく、何故かそれを思い出していたようです。

後明智光秀の墓に行く時に、空間がぐにゃって歪んだ感じがしたそうで。
それを感知出来るのもまたびっくりでした。

私は薩摩島津家で反応が出たのを話し、そして父方が会津で、幕末は敵対したのもあるのかも、という話をしました。
でも島津家で直感的に感じたのは江戸初期に家系に生まれていたような感覚でした。
それを含めて、翌日行くという話と、明智光秀の墓で色々とあった話をしました。

そう言えば明智光秀の墓で、腕に痛みが走った人もいて、やっぱり色々と関係あるのかもしれないです。
他に第2次大戦戦没者の墓に反応した人、織田信長の墓に反応した人、色色でした。

そして翌日グループになって、行動した方が良いかも、ということで3つのグループ分け。
その時に一緒になったのが、秀吉の墓で笑った、スクール生のKさん。

ここで色々と疑問に思って、聞いたんですよね。
彼女はそれなりに歴史浄化をやってすんだつもりだったそうです。
でもそれがちゃんと出来てないから、余計に「笑う」何ていう反応が出たそうです。

そんな話をしていたら、妙にな向くなった私で、少し転がって話を聞いてました。

その後にお茶タイムがあって、お菓子を食べたら目が覚めたので、一種のエネルギー不足だったんだろうなぁ。
精進料理って、たしかに身体にいいんだけど、かなり自然のリズムに沿った行動しかできなくなるんだよね。
つまり夜更かしが出来ないのだ。

レイキの師匠が雑穀ご飯を食べ始め、動物蛋白もあまり摂取しないようになったら、工場で働いていた時の夜勤が出来なくて困ったって言っていたのを、思い出しました。
こーゆー時はジャンクフードを食べてしのいだとか。

それからしばらく人格統合の話とかダラダラして、12時ごろには寝ました。
何せ当日朝6時起きで眠かったしねぇ。

でもまた6時に携帯目覚ましをかけて寝たのでした。

続きます。

高野山での出来事1日目

と、言う訳で裏日記 爆
表よりは細かく思い出していこうって趣旨です、はい。

行きはティーラさんの本体さんとご一緒しました♪
んでもって、人格統合の話をガッツリ。

こちらに書き忘れているかもしれないので補足。

人格統合とは、リラ・アカデミーが行っているカルマ清算のワークです。
詳しくは「リラ・アカデミー」HPへ 爆
いや、「人格統合」の本を読んでもらった方が良いかもw

んでもって、周りの人のアレコレの行動をこうじゃないか、ああじゃないかと分析していたりしました。
ついでに自分の事とか色々ww

そして近鉄の難波駅に着き、南海鉄道の難波駅に移動中に、変ったモノに引っ掛かる本体さんww
アレコレ、キャラクターものとか、美容学校のウインドウとかww
いや、このウインドウは人形が色々な髪形を作ってあって、それが生徒の作品らしくアピールされていたんだよね。
確かに名古屋にはそんなものはないのだがww

そして南海鉄道の中では、別々にいて、あっちこっちの人と話してましたw
まあ、電車の席が無かったのもあるけどね。
一人ひとり取り組み方が色々あって、面白かったなぁ。

後スクール生の方々は、スカイプで色々と取り組みやっているんですね。
知らなかったけど、話を聞いて面白かったなぁ。

そしてチビ人格のケアの話をして。
色々教えてもらいました。
やっぱりこれはたくさんの人とふれあって、色々刺激を受けることが大事だなぁ。

確かここで、mixiのコミュでお名前知っている方がいらして。
そしたらこちらのmixiネームもご存知で。
コミュをもう少し活性化したいようなお話をされてました。

ケーブルカーの中では、一般参加の方でアクセサリーデザイナーの方が居て、家でやっているので、仕事であまり人と触れ合わないから、なかなかカルマが分からないと言ってる人が居ました。
確かにそうかも。
その方は友人を引っ張りこんで、一緒にやっているそうです。

その方が高野山についたら、パンフレットを手にしていたので、一緒に戴きました。

宿坊に着いてからご飯を食べてから出かける前に、部屋割をし。
最初ツインさんと一緒だったけど、その部屋はスクール生の人が居ない、ということで私が別部屋に移動に。

うん、後で考えたら、これって正解だった。
置いておいて。

とにかく寒いからということで、念のため持ってきたセーターを更に上に来て、足には寝るとき用(爆)に持ってきたレッグウォーマーをして出発。
何せ雪が降った後だったらしく、あっちこっちに残っていたからなぁ。

んで、カルガモ隊よろしく先生の後に着いて行きました。
とにかく何か感じたら、立ち止まっていいという話でした。

ちなみに最初の時はいきなり一の橋を渡ったところで、感じるところに行ってこい!というスパルタだったらしいww

寒くて帽子をかぶっていたのだが、私は帽子をかぶるとセンサーが鈍るんですよねぇ。
でも寒いから、被っていたい、というジレンマ沢山しました。
行く前に耳当てが欲しいなぁってのは、これの予感だったのね

最初に引っ掛かったのが薩摩島津家の供養塔。
入口近くに左側のですね。
知らずにそこの前通ったら、いきなり咳がゴホゴホ。
いつもの浄化反応のようなもの。
エネルギーが飛んできた。

なのでまずその標識をチェックして、先に進みました。
他の色々な武将を見たけど、あまり気にならず。
唯一気になったのが武田信玄って
あははははwww

そして中ほどにある薩摩島津家初代と二代目の供養塔でも咳が。
入ってみてもやっぱりゴホゴホ。
でもそれ以上は感じられなかったので、そのまま列に戻りました。

そう言えば伊勢とか桑名とかのお家の墓が結構あってそれがびっくりだったなぁ。

そして明智光秀の供養塔。
実はリラでは有名ですが、伊藤先生が明智光秀の分霊をお持ちで。
まあ、いわゆる過去世の一つらしいのですが。

なのでガッツリとそこの浄化のお話を聞きつつ、供養塔を見たのですが。
なんかね。
供養塔の周りがちょっと違う感じでした。
ちなみにここの供養塔の丸石が何度取り替えても、ひびが入って割れてしまうというのは、有名な事実らしい。

そして般若心経10回唱えた話とか、いろいろきいていたら、なんか私のハートチャクラの辺りがすごい居たいんですよね。

最初は、途中からカバンを斜め掛けにしていたのと、ちょうど金具が当たっているのでそれかなぁと思ったのです。
なので金具が当たらないように、掛け方を変えたのですが、それでも痛い。

とにかく痛いってのがすごいあって、それ以上はあまり感じず。
半分パニクっていたのかもしれん。

「私に吹き出しが起きることはないだろうなぁ」
って思っていたから。

そう言えば真ん中の方を歩いていたのに、何故かこの時だけ伊藤先生の近くでその話を聞いたんですよね。
本当は毒殺されたとか、明智光秀は本当はまっすぐな気性の持ち主で、史実として言われている狡猾でしたたかというイメージが無いとか。
色々聞いているうちに、だったから余計にかも。

そしてそのまま歩いて豊臣秀吉の墓に行くのですが、その最中にずーっとその痛みが何処から来るのか考えていて。

ふと思ったのがやっぱり細川ガラシャとかの子供で。
細川ガラシャは二週間前にちょうど宮津でガッツリ話を聞いた人です。
その翌日に参加申し込みしたから、やっぱり何かあるのかなぁと。
一応ガラシャの分霊を持った人は、一人いるらしいのだが、まあ、何人かいてもおかしくないのかなぁ、とちょっと思ってみたが。

そして豊臣秀吉の場所で、いきなり笑いだした人が
最初ヒステリックな声だったので、泣いているかと思ったら、笑っていて。
先生に「この人おかしい」とか言われていたが、やっぱり色々と縁がある人の過去瀬を持っている人でした。

後で聞いたのですが、やっぱりちゃんと過去世浄化をしてないのでそんな反応が出てきたらしい。
うーん。

私はここでは何も感じず。
「おー、でかい墓所だなぁ」
位の観光者感覚でした。

でもやっぱり感じる人はいて、何かとあるようでした。

次の織田信長の墓所。
ちなみに先生は明智光秀の色々複雑なものを持って行ったら、
「良く来たな!」
と言って、大歓迎されてビックらこいたらしい。

織田信長は既に暗殺その他諸々の恨みつらみを、越えてしまっていて全然大丈夫らしい。
うーん、すごい人だ。
んでもって、伊藤先生のお父さんが信長の分霊をお持ちで。
何つー一家だww

私は何となく慕わしい感じがしたので、一応墓石に触りに行って。
それにしても何で正面しか相手無かったんだろう?
そこでボーっと感じて、それで終わった。

そして御廟の橋を渡って、灯篭堂へ。
ここで立ったまま瞑想をしたのですが。

実は弘法大師様と色々とお話ししてました。
シェアしなかったが。
着たことに対しする色々なお話と、色々と。
何故か思い出せない。

けどこの感覚っていきなり意識上昇して上の事を降ろして、戻ってきて良く思い出せないのと同じかも。

途中その妄想?は止まったのですが、何故か今度は左足がひざから崩れ落ちそうに何度もなり。
何度かグラウンディングとセンタリングしたのですが、やっぱり駄目で、ふらついて倒れそうになりました。

結局エネルギーが強くて、私が受け取る器が足らなかったことに寄るみたいです。

そして御廟前の瞑想で、色々と気付くためのフォローをお願いしたのですが、
「全てお前の中にある、後はお前が選択して動くだけだ」
といわれ。
とにかく何を言っても、私の中にある、としか返事が無く。
深すぎてどう対処していいのか分からず、戸惑いました。

結局、その場で聞いたら答えて助力を戴けるという話になったのかなあ。
あまりのことに何と言ってよいのやら。

後寒かったですねぇ。
後の方「寒い~~~~~」としか思って無かったです。
はい、集中力ないです、私。

そして帰り道なのですが、何故か先頭が行きと違って、どんどん先に行ってしまって。
んで、何故かこの時ツインさんと二人で歩いて行って、気付いたら前も後ろもかなり離されてましたねぇ。

「何かデートみたいだねぇ」
とツインさんが仰って。
「そうだねぇ」
と答えた時に、
(あ、手を繋ぎたいかも)
とちょっとだけ思って。

でもそれもこれも全部フィンの思うツボのような気がして、やらなかったけどね。
そもそもこのシチュエーションが、どう考えても上が謀っているだろうっ!って感じでした。

日の落ちた参道?はところどころに電気がついているものの、一種の闇行に近く
真っ暗が怖くて嫌いな私にとっては、あまり嬉しくない状況でした。

そしてなんとかその怖さを紛らわせながら、行ったらちょうど一の橋のところで先頭の人たちが居て。

「ちゃんと帰りにもご挨拶してね」

と伝言されました。
んで、ツインさんは律儀に次の人を待って(もちろん一緒に待って)伝えてから帰ってきたんだけど。
本当にかなり来なかったですねぇ。

そっから宿に帰ったら、すぐにご飯でした。

続きます、多分。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。