スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶薔薇庭園館綺譚5 手紙(5月末)

~~~~~

親愛なる君へ。

もしかしたらこれが最後の手紙になるかもしれない。
いきなりこんなことを書くと相変わらず怒られてしまうんだろうね。

君のことだから毎日忙しく元気にしていると思う。

こちらの戦局はあんまりかんばしくはないかな。
いくらどうにかしたくても、どうにもならないことはあるんだなぁと改めて思っている。

大きな流れが巻き起こると個人の力では全然どうにもできない、無力なものだと痛感するよ。

そういうと君はまた「何でも自分だけでできるなんて思わないで!」と怒るんだろうね。
その様子が目に浮かぶよ。

ただね、君がこの戦争に巻き込まれなかったことは心からよかったと思っている。

この戦争が始まる前に異動を命じた上の人にもそれだけはとても感謝している。
もちろん君が優秀だったのも関係しているけどね。

もしひとつだけ心残りがあるとすれば、それは君の旦那になるツワモノを見ることができなかったことかな。

幸せになる君を見たかったと、こんなに思ったことはないよ。

絶対に見に来いと無茶を言わないでほしい。
もちろん今、既にそういう相手がいるならば、休暇が取れ次第飛んでいくけど、どうなんだろうね。

仕事に打ち込み過ぎてまるっきり忘れているんじゃないかな。

もしこれが最後にならなかったら、きっとこれをネタにいやみを延々聞かされるんだろうなぁ。

笑い話になればそれはそれでいいのかもしれないね。

明日が決戦になると思う。
これですべてが終わってくれることを祈ろう。


君に多くの幸がありますように。


エル・フィン

~~~~~~~

心残りだった手紙を下に頼んで出してもらった。
そう、最期の前日に一度書いて送らずに破棄した手紙。

自分だって100%どう書いたか覚えていないから、下がどのように訳そうとも気持ちが伝わればいいと思っていた。



ばんっ!と勢いよく扉が開いた。
振り返るとリーシャがそこに立っていたと確認するかしないかのうちに

「このバカッ」

と怒鳴られる。
思わず呆然としてしまった。

「下でいきなりあんな手紙送ってくるなんて、何考えてんのよっ!」

見ると目にいっぱい涙ためていた。
リーシャが泣くなんてよほどのことだ。
思わず立ち上がって側に寄る。

「あのときどんな気持ちだったと思っているのよ~」

と言われて両手でガンガン胸を叩かれる。
思わず面食らうが、確かにそうかもしれない。
こちらの都合で一方的に送ってしまった。

そのままリーシャは号泣に変わり、わんわん泣いている。
泣かせてしまったことに罪悪感がうずく。
優しく抱きしめて、宥めるように頭と背中をなでる。
今までと同じだ。

(レオンがこの場にいなくてよかったな~)

でも思わずそう思わずには居られなかった。
こんなところを見られたら、また騒ぎ出すに違いない。
どうもいまいち相性が合わないのか、リーシャに対しては特に敬遠している。
こちらとしては仲よくしてもらえると嬉しいのだが、人の心はそう簡単ではないだろう。

そうしてしばらくするとリーシャも落ち着いてきたようだった。
ようやく泣きやむとリーシャは両手でむにっと頬をつまんだ。

「お詫びにカレー奢りなさい」

まだ赤い目のままそう言われた。
確かにきっかけは俺なので拒否権はない。
カレーというのは遠足上級編でお世話になったあそこだろう。

「わかりました」
「ついでにデザートもね。じゃあ、出発~♪」

そういうとようやく頬から手を放すとくるりと向きを変える。
強くつままれたせいか、ちょっとひりひりする。
しかしいつものリーシャに戻ったようで安心する。

そのまま部屋を後にした。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

と、言う訳でまた別の話。
5月末~6月頭の話。

ただの物語・断片14」を合わせて読んでいただければ、余計に話が分かると思います。

ちなみにこの件はこれだけで終わりませんでした~~~~~。
けど書きようがないので、そのうちに(苦笑)

*登場人物に関しましては「水晶薔薇庭園館綺譚について」をご参照ください。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。