スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅緋古譚 25 食堂

 食事をしていると、目の前を誰かが座った。
 思わず睨むようにしてそいつを見る。

「やだな~、ルーちゃん、ここはにっこり笑うところだろ?」

 そう言って笑ったのは“狼<ウルフ>”だった。
 珍しい。
 何かないと食堂では滅多に見ない奴だから、余計に変な感じがする。
 
 しかし相手が奴だと分かって、少しだけほっと息をついてそのまま食事に目を戻す。
 訓練が長引き、腹が減っていたので、黙々と食べ続ける。

 すると奴は笑ったようだった。

「相変わらずだねぇ。まあ、そこが可愛いんだけど。
 それより何でデザート取って無いんだ?女の子は好きだろ?」

 言われて顔をあげて奴を見る。
 そして奴の食事を見て、気付いた。
 通常の食事のほかに、三角柱形の物体が載っていた。

「別に。おれの時はそんなの無かったし、出てこなかったぞ。お前の特別じゃないのか?
 それにそれはなんだ?」

 そう言ってフルーツをフォークで刺して、口に運ぶ。
 甘いそれらが好きで、自由にとれる時は結構多めに取ってくる。

「……ひょっとして、ルーちゃん、ケーキを知らない?」

 言われて思わずキョトンと見返す。
 
「いや、知らなくは無いぞ。ただおれが知っているのは白いクリームの付いたスポンジケーキと言われるモノだけだけどな。
 幼い頃はかーさまが何かあると作ってくれた。
 だからそちらの紫色のモノは知らない」
「へぇ……」

 説明すると低い何か考えるような顔になった。
 訳も分からずそいつの顔を見てしまう。

「じゃあ、まあ、一口食べてみなさい」

 言われてそれを差し出される。
 少し考えたが、まあ、良いかと思ってフォークで一口分だけ、切り分けてもらう。

 思ったより柔らかくて殆どクリームみたいな感じだった。
 それを口に入れる。

 甘い、そしてほのかに酢っぱい。

「…………おいしい」
「だろ?」

 思わず言ったセリフに奴は嬉しそうに言った。

「何かずるいな。どうしておれ達にはそう言うのは出ないんだ?」
「さあ、何でだろうねぇ。こっちは糖分が絶対的に必要になるから、それもあるとは思うけど」

 階級や役割によって必要な栄養素が変わるらしいのは知っている。
 でもこんなおいしいモノが何故ダメなんだろう?

「何ならもう少し食べてもいいよ」

 おれが思わず見ているのに気付いて、そう奴が言う。

「本当か?じゃあ、貰う」

 嬉しくなって、早速もらって、口に入れる。
 おいしい。
 
 その様子をしばらく見ていた奴は、ふと真面目な顔になった。
 何だ?

「あのさ、ルーちゃん。多分ないと思うけど、ケーキとか甘いモノにつられて、ノコノコ他の男の後付いて言っちゃだめだよ?」

 思わず噴きそうになった。
 慌てて水分をとって流しこむ。

「おいっ!誰がんなことするかっ!」

 思わず怒鳴ってしまう。

「うん、大丈夫だと思ったけど、念のためね」

 そう言って奴はにっこり人を食った笑いを見せた。
 ムカツク。

 思わず奴のケーキを大きく切って貰ってやる。

「ちょ、ちょっとルーちゃん、取りすぎ!俺の分を取っておけよっ!」

 慌てて言う奴の顔を見て、ふふん、と思う。

「別にいーだろ、どーせ後でおれの体で回収する癖に」

 そう言って、大きめの塊にかぶりついた。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。