スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただの物語 72 お願い

 これはただの物語です。
 さらっと流して下さいね? 


******


 自分の出番が終わり、部屋に戻って重たい衣装を脱ぎ棄てた。
 そして修行中の神官が着る、配給された服に袖を通す。
 これでお役目御免だ。
 あと二日はグラウンディング用にここに居る羽目になるが、それは修行とかが無いので、気楽にして神殿内の散歩でもしていればいい、とは聞いている。

 その時、部屋のドアがノックされる。
 幾ら神事が終わったばかりとは言え誰だろう。
 不思議に思って扉をあけると先ほど別れた時の衣装のままのティーラが居た。

「ティーラ?どうしたんだ?」

 思わずびっくりしてたずねる。
 これからまだ色々明日の神事の準備とかがあり、大変だと聞いていたのだが。

「フィン、あのね、神官様の結婚式でも歌って欲しいの」
「はぁっ?」

 思わず声が裏返った。

「あのね、ティーラ、結婚式ってね」
「大祭のおわった○日後だから」
「歌担当の神官の喉は治っているんじゃないのか?」
「治っていても練習時間が無いもの。いきなり大神官様の結婚式の本番では歌えないと思うわ」

 言われて黙る。
 確かにマスターの結婚式と言ったら、大事になるだろうことは予想がつく。
 大神官でもあり、軍でも部隊長であり、それなりのものがある。
 そんな中ろくに練習も出来ずに祝福の歌は歌えないだろう。

「ね、お願い。一緒に祝福の歌を歌いましょ?」

 期待に瞳をキラキラさせて言われると、さすがに断りづらい。

「他の高位神官様方は、今回のフィンの歌を聞いて、何も問題ないって思ってらっしゃるし。
 フィンだって大神官様をお祝いしたいでしょ?」

 確かにそうだけど……・。

「……………、軍の、休みがそれだけ取れるなら」

 ハッキリいってこっちの方が問題だった。
 何せ報告書を中途半端に放り出したままなのだ。
 そっから更に○日休みをくれと言って、貰えるものなのだろうか。
 下手したら除隊だな。

「じゃあ、お願い、早速確認してみてね。当日の服は今回の衣装をいじれば大丈夫というお話しだから」
「……わかった」
「じゃあ、私はやる事があるから、またね」

 そう言うと彼女は走り出した。

「ティーラ、気をつけて!」

 見送りながらそう言うと、こちらを振り替えて笑った。
 が、その直後に壁にぶつかりそうになる。
 大丈夫だろうか。

 そして更に神殿に居る羽目になりそうなのに気付いて、思わず深いため息をついた。


******

神殿に残り決定、した話 苦笑
だってあのキラキラお目目に弱いんだもんww

でも実際の結婚式はまだ解凍出来ず orz

出てくるんかね?


*これの目次などにつきましては「ただの物語について」をご参照ください 。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

やっぱりコケそうになるんだwww

>だってあのキラキラお目目に弱いんだもんww

そんなものでしょうね~。
ご馳走様ですe-420
Posted at 2010.08.19 (20:03) by wakka00 (URL) | [編集]
> やっぱりコケそうになるんだwww

まあ、やっぱりなのですよw

> >だってあのキラキラお目目に弱いんだもんww
>
> そんなものでしょうね~。
> ご馳走様ですe-420

お粗末さまです~~~ 苦笑
そちらほどじゃないけどねw
Posted at 2010.08.20 (21:06) by たか1717 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。