スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸的昔噺 3

これはただの物語です。
さらっと流して下さいね。

++++++

 毎月1回に近くの天神様に参ることを習慣にしていた。
 人の少ない、お祭りの無い晴れた日を選んでいく。

 そしてそこの天神様にお願いするのだ。

 ウチに来る子が少なくなるように。
 今いる子たちのいく末が、幸いなものになるように。

 そう言っても自分がそんな事を願うこと自体が、とても恐れ多いのかもしれない。

 あの子たちを「教育」する事によって、生計を立てているのだから。

 しかし願わずにはいられない。

 今日もお賽銭をいれ、鈴を鳴らしてあの子たちのいく末を祈る。
 ささやかな願いだ。

 聞きいれてくれるとよいのだが……。

「おや、またいらしたんですね」

 そう宮司さんがお参りのおわった俺を見咎めて、声をかけてくる。
 その中に少しばかりの侮蔑が含んでいるのを無視する。

「ええ、こちらの神様にお願に。どれだけ聞き届けてくれるかわかりませんが」

 そう言って笑う。

「うちの神様は、ちゃんとした人にはちゃんと願いをかなえてくださいますよ。願いがかなわないなら、その人がそれまでの人なんです」

 言われて苦笑する。
 そうかもしれない。

「でも自分の事じゃないんだけど、無理かな?」
「その人次第でしょうね」

 そう言うと、周りを見回して、いきなり小声になる。

「もし、貴方が辞める気でしたら、こちらも協力をします」

 いきなり言われて、驚く。
 そして見返すと真摯な瞳とぶつかる。
 覚悟をした目だ。

 確かにこの辺りで大きな家でもあるわが家に逆らうのだから、それ相応の覚悟はあるのだろう。
 もっとも神社自体が別の管轄でもあるのだが。

「彼に頼まれた?」
「ええ、それもありますが……。いえ、貴方が決心したらこっそり来てください」

 そう言うとまたいつもの少し見下す目になる。

「まったくよくノコノこ来れるものですよね、貴方は」

 彼がそう言うのと、他にお参りの人が来たのと同時だった。
 なるほど、そう言う訳か。

 町の人の手前、と言うものがこの宮司にはあるらしい。
 仕方ない。

 そして周りを見渡し、他に誰もいないのをがっかりした気持ちで確かめた。

 今日も彼女を見ることは出来なかったか。

 仕方なしに鳥居をくぐって境内を出ようとした。

「宮司様」

 その時後ろで涼やかな声がした。
 振り返ると一人の巫女が、あの宮司に何か話をしていた。

 彼女だ。

 以前何か祈祷の折に、彼女の舞を見た。
 綺麗で目を奪われた。

 言葉を交わした事など無い。
 自分にそんな資格があるとは思えない。

 でも一目見たいと思っていた。
 だからこの天神様にお参りに来る。

 でも声をかける事などしない。
 見かけることができればそれで幸せだった。

 すると、その巫女は何を感じたのか、こちらを見た。
 視線があう。
 慌てて視線をそらして、鳥居をくぐり、境内を出る。

 びっくりした。

 胸がバクバクしている。
 まさか装束を来てない彼女でも、あんなにきれいだとは思わなかった。
 足早に歩いて、立ち止まる。

 でも彼女の顔が見れて、嬉しかった。

「よお、兄さん、今日は買ってかないの?」

 声を掛けられびっくりする。
 いつもの飴細工屋だった。

「はは~、兄さん、なんかよっぽど良いことあったんだねぇ。顔がほころんでいるよ」
「そ、そうかな」
「ほら、声がどもっている」

 そう言ってからかわれてしまう。
 きっと顔も真っ赤になっているに違いない。

「ちょっとだけね。今日は3ツ貰おうか」
「へぇ、何にします?」
「犬と鳥と蝶は出来るかな?」
「お任せください」

 そう言うと飴細工やは手際よく作り上げる。

「毎度みごとなもんだねぇ」
「それが商売ですから」

 ほれぼれとして言ったら、そう返される。
 代金を払って飴細工を受け取った。

「またよろしく~」

 愛想良くそう言われて、いつもの飴屋を後にする。
 そのまま家に帰る。
 そうそう寄る場所もないし、そんなに長く出かけていたら、翌日また寝込んでしまう。

 しばらくして家に帰る。

「ただいま」

 そう言うと女の子たちが出てきた。

「お帰りなさい」
「お帰りなさい、兄さま」

 行儀よく迎える。
 それに微笑む。

「裁縫は終わったの?」
「終わりました」
「綺麗に出来たので、兄さまにも見てほしいです」
「まだ下手だけど…」

 一番最近に来た子がどもりながらそう言う。

「最初はだれでも下手だよ」

 そう言うと、少しだけ微笑んだ。

「そうそう、お土産」

 そう言って飴細工を渡す。

「ありがとう、兄さま」
「ありがとうございます」
「ありがとう、綺麗」

 口々に言って、嬉しそうで、それを見てこちらも嬉しくなる。

「さて、お裁縫を見せてもらおうか」
「はい、兄さま」

 3人について奥の部屋に入って行った。

++++

取りあえずこちらは一端打ち止め。

後は未だ物語になって無いのでww
気が向いたら続きが出てくるかも、です。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ある意味、純愛ですなぁ☆
密かな片想い。
巫女さんが気になるけど、たかさんのことだから、誰の事か分かっているんだろうなぁ☆
Posted at 2010.08.17 (18:20) by KISSY (URL) | [編集]
> ある意味、純愛ですなぁ☆
> 密かな片想い。
> 巫女さんが気になるけど、たかさんのことだから、誰の事か分かっているんだろうなぁ☆

純愛ですねぇw
ちなみに誰かは良く分かってませんww ←巫女さん
誰だろうねぇ。
Posted at 2010.08.18 (21:04) by たか1717 (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。