スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶薔薇庭園館綺譚51 小浮島(6月上旬)

 ティーラが、

「飛んできたモノノケ達を元の場所に戻すのは、また同じ目に会うから可哀想」

 と言う事だったので、何処か他の保護する場所を作ろうかと思った。
 しかしCB内では何処も波動が高いので、その子たちの居場所にはならない。
 今は臨時に部屋の一つを波動を落としてその子たちのために使っているが、元々合わないのであまり長く置いておくわけにはいかなかった。

 仕方ないのでかなり小さい、岩の塊とも言える浮島を引っ張って来て、近くに置く。
 まずそこにポータルを設置して、家と行き来できるようにする。

「えーと、ここの結界を作るの?」
「そう、もう静は出来るはずだからね。やってみて」

 荒れた平地の小さな島に立って、静かに言う。
 静は困惑しているようだった。

「どれくらいのものにすればいい?」
「波動はCBより低めじゃないと、モノノケ達が生きていけないからね。
 それは考えて欲しいし、またあまり結界が弱いと捕食モノノケが入りこんで、食い荒らされちゃって、逃げれないと困るからそれも考慮して」
「む、難しいんだけど……」

 眉を寄せて静がそう言う。

「取りあえず結界だね?」

 そう言って彼は結界を構築する。
 そもそも200M四方もない庭先くらいの島だから、難しい話じゃない。

「もう少し複雑な多面体の方が良いかな?」

 作られた結界を見てそうアドバイスする。
 そうしてもう少し複雑な結界が出来あがる。
 うん、これなら大丈夫だろう。

 そして波動を落とす。
 このままだったら天使系波動のため、モノノケ達に合わずに壊れて易くなってしまう。
 そして天使波動をそぎ落とし、ニュートラルのものにする。
 静はそれはまだできない為、こちらがやって見せる。

「どんな感じ?」

 モノノケを何匹か抱いてティーラがポータルから出てきた。
 そしてぐるっと見渡して安心したみたいだった。

「ちょっとまだ寂しいわね」

 何もないここを見てそう言う。

「引っ張って着たばかりの岩だからね。これから植物とか植えるつもりだよ」

 そう言うと静は目で『それもやるんですか?』と訴えかけてきた。
 それに笑顔で肯定する、と彼はため息をついた。
 
「でもこの子たちにはちょうどいい波動みたい」

 ティーラはそう言うと腕に抱いていた子を地面に降ろす。
 するとその子たちは嬉しそうに走りだした。
 CBでは小さなスペースしか確保できなかったから、これくらいでも嬉しいらしい。

「あ、柵は必要だな」

 そう思い付き、淵から落ちないようにその辺りに柵を構築する。
 案の定、一匹が縁まで行って、柵に引っ掛かる。
 危ない。
 一瞬遅ければ落ちていたところだった。

「ありがとうね、フィン、静」

 嬉しそうに言われて、こちらも嬉しくなる。
 静もお礼を言われると嬉しそうだった。

「さて、続きをやろうか」

 静かにそう言って向き合った。

++++++

スパルタ真っ最中だったりして 笑
こうやって浮島の調整法を教えているよーです。

ち・な・み・に、どーやら他の新しい仕事仲間にも、この手のスパルタやっているよーで……。
本体さんの方から確認が来ましたわ orz

いや、あまりにも違和感無さ過ぎて、その場の光景が浮かぶんで、思わず乾いた笑いをしてしまったなぁ。

ちなみに「CB」とはフィンの浮島の名前ですw
取りあえず無理やりつけたら、他に出てこなかった。
ま、そんなもんだな。


スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

他の方にも同じスパルタしてたの~?

笑顔で容赦ないですねぇ
みんな、ガンバレ~
Posted at 2010.07.18 (23:09) by ネコ長 (URL) | [編集]
> 他の方にも同じスパルタしてたの~?
>
> 笑顔で容赦ないですねぇ
> みんな、ガンバレ~

そう、笑顔で容赦なくもあるし、エル・フィンモードで容赦もしなかったりww
みなさん大人なので、頑張っているようですww
Posted at 2010.07.19 (22:02) by たか1717 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。