スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶薔薇庭園館綺譚30 お見舞い(2月上旬?)

 ふと暇だな、と思った。
 セーラムとのメール(?)のやり取りは終わってしまったし、ティも用があるようで今は部屋に居ない。

 統合したての頃はとにかく身体の自由がきかなくて、ひたすらこのヒーリングエリアにある部屋で休んでいたが、最近はそこまでしなくてすむようになった。

 ヒーリングエリアから出ても大丈夫なくらいまで回復した。
 その最中に下も不安定になり、かなりの影響が出てしまったが、それはお互い様だろう。
 下は下で向き合うことがあったから。

 そろそろ家の方に帰っても大丈夫だと思うのだが、なかなか許可が出ない。
 今日辺り診察の時に聞いて見ようと思う。

 ベッドヘッドに枕をクッション代わりにして凭れてボーっとしていると、ドアの外に気配がした。
 アルディアス様でも、レディ・リフィアでも、ティでもない。
 誰だろ?
 ここに来れる人は限られている。

 軽いノックの音がしてドアが開いた。

「フィン、大丈夫?」
「ルーク?」

 顔をのぞかせたのはルークだった。
 後ろに一緒にデオンも来ていた。

「なんだ、思ったより大丈夫そうだ。心配したんだ」

 そういうルークに思わず笑みが出る。

「久しぶり。そっちは元気そうで何よりだね」
「うん、フィンもね」

 そう言うと部屋に入ってベッドのそばに来たルークと両手で手をつなぐ。
 昔に戻ったようで、思わず嬉しくなる。
 その様子を見てデオンは一瞬面くらったようだった。

「良くここに来れたね?普通は入れないでしょ」
「共有エリアのトールさんに、下の合宿のお礼を言いに行ったついでに、許可はもらったよ。だから来たんだ」

 言われて納得する。
 ここは一種特別に次元が高いので、許可が無いと入ってこれない。
 トール師が許可したのなら、大丈夫だろう。

 そこにティーラが顔をのぞかせた。

「ティーラ、ルークとデオンにお茶を…」
「いや、要らないよ。直ぐに帰るから。あまり長いして疲れさせないようにと言われているしね」
「そうなんだ…」

 そこまで気を使われるほど、エネルギーが堕ちているんだろうかと心配になる。
 確かに全体的に堕ちているし、そもそもステーションには行けそうにない。
 仕方ないな。

「また来るから、その時はご飯食べさせてよ」
「分かった。用意しておく」

 にっこり笑ってそう断言する。
 こいつは何が好きだったっけ?

「……変ったな」

 ぼそり、とデオンがつぶやく。
 それに対して目をしばたたく。

「そんなに言われるほどかな?」

 思わず首をかしげる。
 あまり自覚はない。
 なんかもとに戻っただけ、という感じが強い。
 どちらかというとデオンの方が本来はもっと柔らかい感じがするはずが、今はまだそこまで行ってないという印象だ。
 
 でも以前に比べたら、デオンもだいぶ違う感じがする。
 お互いもっとも印象が強いのが、惑星ヴェールの軍人時代だからかもしれない。

「ああ、他の奴が見たら驚くと思うぞ」
「ふーん??」

 それはそれで面白いかもしれない、と思う。
 
「じゃあ、そろそろ帰るぞ」
「うん。フィンまたね」
「ああ、また来てくれると嬉しいな」

 そう挨拶すると、二人は帰って行った。
 入れ違いにティーラが入ってくる。

「大丈夫?疲れてない?」

 心配そうに紫の瞳が揺れている。

「これくらいは大丈夫だよ」

 そう笑って見せる。
 最近はちょっとした事では疲れなくなった。
 ふと思い出し笑いをした。

「何?」

 不思議そうにティーラが聞く。

「いや、この間と逆だな、って思って」

 2カ月ほど前はティーラの方が不安定で、心配して同じように付きっきりだったのを思い出す。
 そしてその時の無理がたたって、体調を崩し、更に女性性との統合があり、現在の状況になってしまった。

「無理しないでね?」
「しません。信用が無いかもしれないけど」

 そう答える。
 実際に今は無理する気はまるっきりないのだから。
 もうしばらくこうやって休んでいるのもいいものだなぁ、と思った。

++++++++++

1週間ほど前にルークさんが突然お見舞いに来てくださいました~。

あれ?と思って確認したら、本当に来ていてびっくり。
ありがとうございました~♪

ルーク@wakka○さんいわく
「可愛かったね~、フィン」
だそうで…………

うん、そうかも。
性格がほんとに丸くって、リリアナさんっぽいんですよねぇ。
でもエル・フィン思考の事も結構あります。

ちなみに冒頭の「ティ」とはティーラさんの事。
リリアナはツインの事を「ティ」と呼んでいたので、それが出たんだと思います。
私も時々上のツインを「ティーラ」と呼ぶと違和感を感じる事が 笑
多分ツインも中性体に近いんでしょうねぇ……。

ちなみに昨晩もアリシアさん、レイ、アリスさん、静さん、レオン君から奇襲見舞いをうけたよーです。
本体は
「あれ?来ているかも??」
位の認知力です 苦笑
解凍出来たら物語にするかも?ですよん。

※登場人物などに関しましては「登場人物紹介」をご参照願います 。
また足らなくなってますけど~。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

やっぱ、周りの人がひきつっているんですね(笑)仕事場に顔出したら皆さんの反応が楽しみですな

…また奇襲しましょうか?(苦笑)
Posted at 2010.02.20 (21:48) by ネコ長 (URL) | [編集]
ルーク(私)は全然違和感なかったんですけどね~、可愛い丸いフィン。

昨夜行った、皆さんの反応が楽しみi-278
で、仕事場での反応も楽しみ♪
・・・って、うちも戸惑ってたものねぇ・・・。
フィンの場合はさらに輪をかけて戸惑われそうだwww
Posted at 2010.02.20 (22:12) by wakka00 (URL) | [編集]
アリシアもアリスさんも、
「何か元に戻ってる~久しぶり~
って感覚でしたよw

可愛いフィンさんは大好きだ~

今から思えば、私が最初「エル・フィンさん苦手」って思ったのも、
フィンさんの記憶があって「何か違う…」て思ったからかもしれないですね

トールさんが苦手なのも、そういう理由らしいのでwww
(マリアさんと違うことに戸惑っている感じ?)
Posted at 2010.02.21 (13:03) by よしひな (URL) | [編集]
> やっぱ、周りの人がひきつっているんですね(笑)仕事場に顔出したら皆さんの反応が楽しみですな
>
> …また奇襲しましょうか?(苦笑)

ひきつるでしょうねぇ、特にセーラムさんとテス以外は 苦笑
確かに反応が楽しみですww
……でも繋がって無ければせっかくのお楽しみが……。

奇襲、いや、予告くださひ。
Posted at 2010.02.21 (19:45) by たか1717 (URL) | [編集]
> ルーク(私)は全然違和感なかったんですけどね~、可愛い丸いフィン。

わはははははははは ^^;
元がこっちですからねぇ……。

> 昨夜行った、皆さんの反応が楽しみi-278
> で、仕事場での反応も楽しみ♪
> ・・・って、うちも戸惑ってたものねぇ・・・。
> フィンの場合はさらに輪をかけて戸惑われそうだwww

仕事場……^^;
どーなるんでしょうねぇ。
そろそろいけそーな感じですがww
昔を知らない遊撃隊のメンツと、技術部が固まりそーです♪
楽しみ~~~♪♪
Posted at 2010.02.21 (19:48) by たか1717 (URL) | [編集]
> アリシアもアリスさんも、
> 「何か元に戻ってる~久しぶり~
> って感覚でしたよw

元に戻ってるって……苦笑
それを言ったら、リーシャさん&アイシャさんの時はお互い様でしょ~?
そーいえばアイシャさんはエル・フィン全然平気ですよね~?
やっぱり会っていたのかな???

> 可愛いフィンさんは大好きだ~
>
> 今から思えば、私が最初「エル・フィンさん苦手」って思ったのも、
> フィンさんの記憶があって「何か違う…」て思ったからかもしれないですね

可愛い・可愛い…… ^^;
確かにあの記憶がメインだったら、エル・フィンには違和感バリバリでしょう!
でも逆にレイは戸惑っていたみたいですがw

> トールさんが苦手なのも、そういう理由らしいのでwww
> (マリアさんと違うことに戸惑っている感じ?)

わはははは、まあ、似たよーな感じはこちらもありますww
こちらもトールさんよりか、アルディアス様の方が親しい感じです。
Posted at 2010.02.21 (19:52) by たか1717 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。