スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶薔薇庭園館綺譚28 リリアナ3

「セーラム、テスは何処?」

 天使エリア統括の遊撃隊のいる部屋に、いきなり入ってきてそう聞いた私を、その場にいた遊撃隊のメンバーがびっくりした顔をして見ていた。
 セーラムでさえ目が点になっている。

「えっと、そこ……」

 言われた方を見ると確かにテスが居た。
 他の人と同じようにこちらを見て固まっている。
 口だけが『フィン』という形に動く。

「ちょっと借りるわよ」

 そうセーラムに言うと同じように驚いて固まっているテスを強引に立たせて引っ張って、仕事場から出てきた。
 そして公園へと辿り着く。
 あまり人が来ないところだ。

「フィン、一体何が……」
「テス、いい加減エル・フィンに逃げるのは止めなさい」

 起こった事態に対応しきれないテスの真正面を向いてきっぱりと言い切る。
 思わず口ごもるのを見る。

「エル・フィン、いえ、フィンを愛していると貴方が言うのに偽りが無いのは知っているわ。
 でも貴方それはその大元の原因を見ずに逃げているだけでしょ。
 自分の問題から逃げて彼を求めていても意味はないわよ」
「……貴方はフィンであってフィンじゃない?」

 まるっきり全然違うことを言い出したテスに苦笑する。

「そうね、私はフィンだけど彼じゃないわ。分かるでしょ?
 でも私、私たちはテスを愛しているから、力になりたいとは思っているわ。
 だからちゃんと立ち向かいなさい。良いわね?それを言いに来たの。
 エル・フィンにはこんなこと言えないから、私が代りにね」

 しばらくテスは考えているようだった。

「仕事中にごめんなさいね。じゃあね」

 それだけ言うと私はそこを立ち去った。
 そのまま天使エリアから外に出ようと思っていたが、公園の出口からエリアに出るまでの廊下で、セーラムが渋面を作って待ちかまえていた。

「フィン、貴方、一体何が起きているんですか?」
「何って……、不本意ながら分かれちゃった?」

 にっこり笑って言うと、セーラムが深いため息をついた。

「さすがね、伊達に長い付き合いをしてないわね。直ぐに分かるなんて」
「あまりの事態に固まってしまいましたけどね」
「ふふふ、ごめんなさいね」

 そう言ってセーラムの首に腕を回し、彼後ろで手を組んで顔を覗き込む。
 この距離で見るのは久しぶりだ。

「エル・フィンは…」
「ちゃんとヒーリングポッドで休んでいるわ。その代わりに動けるようなものだけど」

 心配そうに彼の顔が曇る。
 いつも心配をかけてしまう大事な人。
 そんなこと『私』は望んでいやしないのに。
 常に側にていて見守ってくれて、我儘を聞いてくれる人。
 彼がいてどれほどに助かっているのだろう。

「大丈夫よ、彼が出てきたら統合する予定だから」
「そう願います。じゃないと無茶ですから。ただでさえ無茶をするのに」
「ごめんなさい」

 神妙に謝っておく。

「いつもありがとう、セ*******。愛しているわ」

 そう言うとさらに妙な顔をされた。
 まあ、いつもの『私』というか彼では絶対に言わないからだと思う。
 本当に不器用だとつくづく感じる。

「……早く戻ってきてください、フィ******。でないと仕事場が淋しいです」
「善処します」

 彼の珍しい本音に、そうにっこり笑って言って、私はそこを去った。


******

つー訳で昨日の続き。
こんな話がありました。

リリアナだと誰かれ構わず「愛している」を連呼するよーです。
ま、基本友人として、なのですが、エル・フィンじゃありえね~です。

テスの問題っていうのは、彼のツインの話だと思います、流れ的に。
本当は居るはずなんですが、何か色々とあるみたいで。
私には全然分かっておらないのですが。

ちなみにセーラムさんとはせいぜい数千~1万年くらいしか年ははなれていないですね。

セーラムさんに↑ああ言われたけど、結局まだ職場に戻って無いんですけどね。
未だに病人やっております、彼。
さてどうなる事やら。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

うーん、点目になった皆さん…凄い衝撃だったのかな(笑)
テスさん早くツインさんが見つかるといいですね…でも、上年齢の年の差ってすごい単位だなぁ
エル・フィンさん無理せず養生なさって下さいね。
Posted at 2010.02.02 (21:20) by ネコ長 (URL) | [編集]
> うーん、点目になった皆さん…凄い衝撃だったのかな(笑)
> テスさん早くツインさんが見つかるといいですね…でも、上年齢の年の差ってすごい単位だなぁ
> エル・フィンさん無理せず養生なさって下さいね。

そら~、エル・フィンにかなり似た波動で女性が来たらびっくりするかと 苦笑
しかも人によっては分かりますからねぇ……。
上の年齢差、こんなものでしょう。
ヤツは当分出てこれねーと思います。
Posted at 2010.02.03 (21:51) by たか1717 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。