スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶薔薇庭園館綺譚18 日食式典2

 会場につき、配置につくように指示をする。
 こちらは拠点となる部屋にひとまず移動する。

 すると誰かが先にいた。
 シェーンだ。
 シェリルもいるが、少し具合が悪そうだった。

「波動が高すぎて順応できないだけだ」

 シェーンがそう教えてくれる。
 式典が始まる前でさえこれなら、始ってしまったら意識が保てない。 

「シェリル、帰ったほうがいいんじゃないか?下も心配する」
「でも私もここにいたい……」
「だからと言って無理する必要はない」
「ううう~~~」
「いざとなれば、俺が送り返しておくが」

 シェーンがそう提案する。
 溜息ついてそれを受け入れる。
 シェリルは今はまだ生まれて1年もたっていない。
 いくら昔の縁があるとはいえ、まださすがに万全じゃない。
 念のためシェリルにはシールドを張っておく。
 こうすれば少しはましだろう。

『隊長、出入り口のほうが少し手薄です』

 そうこうしているうちに部下から心話がとどく。

『わかった、そちらに向かう。ここはとりあえず私の守護竜に詰めてもらう。連絡は心話で密に私のほうに。』

 そう伝えてさらに通信機を取り出す。
 他部署からの警備部隊にも連絡を取る。

 どうやりステーションの入口あたりに人手がとられているようだ。
 たくさんの来賓があるため、思った以上にそちらに手が必要となっているらしい。

「シェーン、ここに詰めていてほしい。仕事は昨日話した通り、常にこちらと意識をリンクさせてここから見えるものを伝えてほしい」
「わかっている。たぶんあの人もそれを見越していたと思う」

 本部を任せて会場に降りる。
 入口でセーラムと二人表と中とで配置する。
 向こう側にはドラゴン族が二人同じように配置されている。

(そちらの様子は如何だい?)

 いきなり総指揮官からの心話が届く。

(配置終了しました。私は今会場入り口にいます。何とかぎりぎりの人数ですが対応可能です。今はどちらに?)
(これから緑の姫君を迎えに行くところだよ)
(お気をつけて)

 そう伝えて一旦心話しを終えた。

 そうしているうちにだんだんと入場する人数が増えてくる。
 この式典をどうにかしようとするものはさすがにいないと思いつつ、緊張が増す。
 シェーンと意識がリンクしているため、彼が上から見た会場の様子が脳裏にも見える。

「エル・フィン!」

 いきなり呼ばれてそちらを向くとリーシャが立っていた。
 白の光がきらきら反射するすっきりとしたシルエットのドレスを着ている。
 そして彼女も翼を出していた。

「なあに?今日も仕事?」
「当たり前だ。今いる部署を知っているだろう?」
「そうだったわね」

 そう言うと納得したようだった。

「この式典が終わったら私の方はーーーーーーーーのようなの」
「じゃあ?」
「そう、-----------」
「ということはきっとルークも引っ張り出されているな」

 そう言って会場と入場者を見渡す。
 ここまで人が多いとさすがにオーラや波動で見つけることは不可能だった。
 しかもこちら側でなく、向こう側を通られたら見逃す。

 その合間にも部下からの心話が届き、指示を出す。
 どうもエネルギーフィールドのバランスがいまいちらしい。
 グリッド部門の人間にも出動してもらって裏方は何とか持ちこたえれられるようにしてあるが、会場のバランスが悪いのが気にかかる。

 こちらに配置されている技術部のほうにも連絡をいれ、どこが悪いかを指示を出し向ってもらう。
 一応向こうも気になってすでに向かっているようだった。

「じゃあ、後でね」

 そう言ってリーシャは会場に入って行った。


~・~・~・~・~・~

というわけでリーシャさんが式典会場に居りました。
この時はまだ「リーシャ」さんでしたね~と今思い返してみましたww

今は統合して違うからねぇ。

それにしてもまだおっつかないなぁ、次ですね、たぶん。


※登場人物などに関しましては「水晶薔薇庭園館綺譚について」をご参照願います 。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

この時はまだリーシャでしたねぇw
一時的に融合して波動あげてたようでしたが、まだアリスのエネルギーではなかったはず。
そして呑気なもんですねぇ。
あなたも一応仕事で来てるんだぞとw
そちらの状況を知ったらそりゃお忙しいのも納得ですよね。
会話はおそらくグリッド計画の艦の配列や自分の配置についてでしょうね。
本体全っく覚えていないけれども(^_^;A)
Posted at 2009.10.24 (23:49) by マッチャ (URL) | [編集]
> この時はまだリーシャでしたねぇw
> 一時的に融合して波動あげてたようでしたが、まだアリスのエネルギーではなかったはず。
> そして呑気なもんですねぇ。
> あなたも一応仕事で来てるんだぞとw

笑 たしかにまだアリスさんでは無かったですねぇ。
でもその呑気さ加減がリーシャさんの良いところで、アリスさんも引き継いでいるのかと。

> そちらの状況を知ったらそりゃお忙しいのも納得ですよね。
> 会話はおそらくグリッド計画の艦の配列や自分の配置についてでしょうね。
> 本体全っく覚えていないけれども(^_^;A)

私も全然会話の内容はしりませ~ん。
相変わらず上のメインの仕事関連は過保護を通り越して絶対に知らせてこないね、奴。
何やっているんだろうねぇ。
Posted at 2009.10.25 (13:14) by たか1717 (URL) | [編集]
>「ということはきっとルークも引っ張り出されているな」

しっかり引っ張り出されてましたね。
本人忘れてたのに(>_<)
Posted at 2009.10.25 (22:19) by wakka○ (URL) | [編集]
> >「ということはきっとルークも引っ張り出されているな」
>
> しっかり引っ張り出されてましたね。
> 本人忘れてたのに(>_<)

大丈夫!!
私も会場警備責任者なのを数日後に思い出したからっ!!
って、行ってる場合じゃないんだけどねぇ。

Posted at 2009.10.26 (12:22) by たか1717 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。