スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅緋古譚 26 退院

『ウルフ、本日退院』

 それだけの情報が来たのが、作戦明けの起き抜けだった。
 作戦はおれにとっては相手を十分に殺せて満足のいくものだった。
 しかしオーカー達は今回の作戦が危険だとか何とか、色々言っていたが。
 司令官がまたすり変わるかもしれないな。
 でも十分に殺れるなら、おれは問題がない。

 ただ、この情報はいろいろと疑問だった。

 まず奴が入院していたこと自体をおれは知らなかったし、入院したとなると本当の大怪我だったらしいと言うこと。
 奴が入院と言うのがあまり結びつかなかった。

 更に何故おれが帰ってきた翌日にこの情報がきた、と言うタイミングの良さだった。
 しかもその情報源が何処なのか、分からなかった。

 満足して久しぶりにぐっすり眠ったために、頭がぼーっとしていたのもあると思うが、その情報はしばらく表示されたあと、忽然と消えた。

 仕方ない、一度念のために確認しに行くか。

 ベッドがから起き上がってシャワーを浴びる。
 熱めのお湯をかぶったら、少しは目が覚めてすっきりした。
 身体と髪を乾かし、クローゼットを開けて、一瞬考え込む。

 さて、どうするべきか……。

 取りあえず本当に奴がいた事を考えて、下着を選び身につける。
 そしていつものタンクトップとパンツを引っ張り出し、ブーツを履く。
 護身用の短剣を仕込み、その上に上着しっかり着こんで出かけた。

 朝飯を食べてから奴の宿舎に向かう。
 でもこれが罠の可能性も少なからずあるので、警戒しつつだ。

 おれが奴のものである、と言うことが広まってからあまり変な奴に襲われることは無くなった。
 しかし声をかけてくる奴が皆無な訳じゃない。

 それに何故か執拗におれを狙う輩が後を絶たない。
 まったく迷惑な話だ。
 さっさと外に女でも作って、欲求不満を解消して欲しいと常々思う。
 手短な奴ですまそうと思うな。

 それでも呼び出すのに奴の名前を使うのは、あまり良い策じゃないはずだ。
 と言うことは奴と同等の階級の奴らだと言うことも考えられる。
 興味深々に眺められているのを最近はよく感じる。

 そうならば面倒だな。
 それでも手加減せずに斬るつもりでいた。

 奴の宿舎について、呼び鈴を鳴らし、戸を叩く。
 反応が無かった。

 やっぱりガセだったか。
 しかしここに来るまでも、今も周りに特に変な気配は無い。

 どういうことだろう。 

 その時になって、何時くらいに退院なのか知らないことに気付いた。
 まったく休みだとぼけている。

 もしかしたらもっと遅い時間かもしれない。
 一度医務局の方に確認をとるか。
 しかしあそこもあまり連絡を取りたくない。
 情報提供料の代わりに内臓を持って行かれそうだった。

 他から情報を集めるか、と思って踵を返そうとした。

「あれ?ルーちゃん?」

 その時奴の声がした。
 そちらの方を見る、と一見元気そうな奴がいた。

「珍しいねぇ、ルーちゃんが俺を尋ねてくるなんて」

 そう嬉しそうに言う。
 それを無視して、上から下まで眺めまわす。
 どこも無理していたり、怪我している様子は無い。

「何?俺をそんなに眺めまわして。俺の良い男ぶりを改めて感じた?」

 軽いそのもの言いに思わず冷ややかな視線を投げる。

「別に、そうじゃない」
「じゃあ、何?」
「いや、別に無事なら構わない。じゃあな」

 そう言って帰ろうとした。
 奴の無事な姿を見たら、自分のやっていることがばからしくなってきた。

「ちょっと待って、ルーちゃん、どういう意味?」

 しかし捕まって、抱き寄せられてそう聞かれる。
 近くからまっすぐな真剣な奴の目を見て、思わずため息をつく。

「お前が入院してた、って聞いたから」

 そう言うとウルフは少し目を見開いた。
 そして何か考える様子になる。
 しかしそれも一瞬だ。

「うん、実際に入院していたよ。今退院してきたところ。ここで話すのも難だから、中に入りなよ」

 そう言って奴は部屋の鍵を開けて、おれを中に押し込んだ。

スポンサーサイト
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
04 06
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。