スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶薔薇庭園館綺譚 55 CBのルー(7月中旬)

 バンッ!と扉を開いて、ルーが勢い良く入ってきた。

「フィンっ!他に服は無いのかっっ!!」

 開口一番そういう。
 ワンピースを着たルーは女の子らしく見えた。

「へ~、似合うじゃない。さすがティーラの見立ては間違いないね」
「でしょ?」

 嬉しそうに後からついてきたティーラが言う。
 それをルーはイライラと聞いていた。

「………可愛い」

 ぼそりと扉付近で待っていたウィリアムがルーを見て無表情にそう言う。
 それを聞き咎めて、ルーは彼を一度睨んで、こちらを向き直る。

「五月蠅いっ!こんなぴらぴらした服着てられるかっ!フィン!お前の服を貸せっ!!」
「ん~~~、女性の服なら幾らでもどうぞ。でもサイズ合うかなぁ」
「そーじゃないっ!お前わざとはぐらかしているだろっ!!おれはこういう服は苦手だっ!」
「慣れです。慣れてください。君は女の子なんだから。
 まずは落ち着いてお茶でも飲んだら?」

 そうにっこり言うと、勢いよくソファーに座り、行儀悪く足を組む。

「ルー、スカートなんだからさぁ」
「るさい!こんな服着せるなっ」

 こちらが言うと怒鳴り声が帰ってきた。
 やれやれ、どーしたものかなぁ。

++++++

でもルーは何だかんだと言いつつ、ティーラさんの着せ替えには抵抗できないのでした 笑
んで、フィンに八つ当たり~ww

ルーは基本戦闘員でしたので、あまりというか全然女性らしい服を着て無かったです。
なので、フツーに活動的なパンツスタイルじゃないと、落ち着かないみたい。

が、ティーラさん&フィンは
「女の子らしく♪」
と言うことでワンピとか着せてました 苦笑

この頃は未だCBへ仮退院していたみたいです。
ウィルさんも一緒~。

この辺りからルーの意思がはっきりと感じられるようになりました。
それまでは心が凍っていて、色々と出てなかったんだなって思ったことでした。

スポンサーサイト
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08 10
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。