スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバーロード(&告白その二)

そうそう、きちんと周知しておりませんでしたが、この間の新月の翌日、オーバーロードを起こしてしまいました。
エル・フィン&私が。

それまで上は3人いました。
これ、実はキャパギリギリの状態だったそうです。
それを約2カ月続けた結果、焼き切れ状態になったようです。
上のブルーヤロウの方もぶっ倒れたらしい。
本体もかなりおかしな状態でしたが。

そんな訳でトールさんの本体さんから
「一度一人に集約して繋ぎ直しなさい」
「上は一日休みにしたからエル・フィンは寝てなさい」
と指示が。

仕事が~、て言ったら
「代わりにトールが行きますから
とまで言われて、逆にすみません、と恐縮状態に。

いや、クリスマスに共有エリアの警備の手伝いが入っていたのよ

そんな訳でこちらも一旦上のとの意識しての接続は解除。
そしてエル・フィンは丸1日ブルーヤロウで昏々と眠っていたのでした。

そして昨日再接続し直したつもりですが、逆ブロックかけれらて良く分からない状態に 苦笑
同調率が下がっているので、何をやっているかも不明 orz
しまった、やられた。
という感じです。

でもあの一日でやっぱり疲労回復する訳ではなく、其の疲労感だけをガッツリ降ろされて本体が代わりに眠っていたりするのですが

どちらにしてもクリスマス終わったら年末までおやすみを申請してあるので、まあ、そこで疲労回復はするでしょう、多分。
大体今朝ね、起こされて
「もう少し寝ていたい」
と思ったのが降りてきたんです。

つい
「ならば、休んで寝てろよっ!!」
と思ってしまったのは私だけではあるまい。
いや、仕事の段取りが心配で出勤してますけどねぇ。
どっちみち必要最低限の仕事を回してもらえないんですけど。

そんな訳で今、上は一人しかおりませんのでクリロズの方とかどうなっているかよく分かってません。
ブルーヤロウの家←→天使エリア の往復しかしてませんからねぇ。

ちなみに今日は3期生のぱーちぃがあります。
頑張っていかないとねww
さてうまく繋いで見れるのでせうか。

……不安だ。←本体が


ちなみにその接続してない時期に、何故かエルスからやたらレイとのデート?もどきをDLされました。
しかもちゃんと心残りを伝えた後にも。
一体何事?と思っていました。

そんな中、wakka○さんところでルークさんがにこやかに痴話喧嘩のお詫びをして回っていた記事が。
あ、エル・フィンもやられたそーです、ハグ&ホッペへのキス。
固まっていたそーです 苦笑
そりゃそーだろう。

それをもちろん巻き込まれたレイにもしたそうですが、よしひなさんが

「レイはエル・フィンさんからの告白より、ある意味ビビってましたからね >ルークさん
何か・・・迫られてる間に刺されるんじゃないかって。爆 」

って書かれてました。
いや、迫っているんじゃなくてハグ&キスだけなんですが 苦笑

それを読んで思わずエルシフォンに
「ひょっとしてレイを怖がらせて、からかって遊びたい??」
と聞いたら全開の笑顔で肯定されました orz

…………あんた、本当に愛情表現が歪んでいるわ

確かに素直に愛の告白するエルスなんて、ある意味怖いです
なのにどうしても書けって言われているよ―なので書くけどさ。

「レイ、お前がもう少し生きていて、俺にせまっていたら完全に堕ちたかもな。残念だったな」

………実際結婚?して良いくらいの気持ちはあったようです。
その内訳がその方が男女問わず他の鬱陶しいアプローチが減って、研究に没頭できるから、というのが大多数を占めていたとしても、それほど心を許していた、ということだそうですよ。

あのさ、これでもう良いかな、エルシフォン。
書くのいい加減嫌なんですけど、私。
エル・フィンと繋がるとこんなことは言いたくねぇっ!!とやっぱり思います。

はい。
スポンサーサイト
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
11 01
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。