スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨晩の妄想劇場

昨晩寝る前にちらっと見えたもの。

*関係者に確認してないので、ただの妄想です*
*その点をご注意してお楽しみくださいませ*

++++++++++++

昨晩ぼそっと言われたこと。

「もう大丈夫よね。ちゃんと娘をここに連れてきてね」
とガブリエルさんから。

本体注:
…………いきなりそれですか orz
で、ここ、ってどこですか?天使エリアのお部屋ですか???

++++++++++++

箱庭に行くために部屋を出る。
するとストレートの髪が目の前を通った。
ふと眼をやると隣の部屋の前にレオン。
陰に女の子が隠れてこっちを窺っている。
多分この子がリー・ルー。
(本体フィルター:レ●アースの海ちゃんを引っ込み思案にした感じ)

「出かけるの?」
「ああ、箱庭に行ってくる。ちゃんと勉強しろよ」

そう言って頭をなでると、ムッとする。

「子供扱いしないでくれる?」
「分かった」

ふと笑ってそのままポータルに行く。
本当に大きくなったと思う。
箱庭に着くとレイが出て来た。
何か寝ていたみたいにボーっとしている。

「ポータル設置の続きやるぞ」
「ん~、了解」

++++++++++++

「ここって結局今だれが使っているの?」
「前はレオンも来ていたが、今はもう俺だけだな。多分もう来ないだろう」
「ふ~ん…」

ピラフを作って机に座る。
目の前にはテーセウス、通称テス。
同じ親から同じ時に生まれた兄弟。

「じゃあ、寂しいんじゃないの?俺と一緒に住まない?」
「悪いけど、近いうちに移る予定だから却下」
「何で?」
「ティーラがブルーヤロウから出れるようになる。そうしたらそれ用の家を探さないと。ここだとちょっと殺風景過ぎるし狭いからな」

そう言うとテスは不満そうな顔をした。

「テス、そう言うお前のツインはどうした?」
「どうもこうも、まず下が俺に気付かなきゃダメでしょ。そっから進展しないのは知っているでしょ?」
「まあな」

++++++++++++

眠るティーラを見ている。
愛おしくて仕方がない。
もう大丈夫。
ふと彼女が眼を開ける。

「もう少し寝てなさい。マスターもそう言っていた」
「もう大丈夫なのに」

少し不満そうな顔。

「だめ」

一言で却下する。

「一緒に寝るから」

そう言って隣に滑り込む

+++++++++++++

天使エリア→クリロズ→ステーションの家→BYですね、たぶん。
なんかね、いきなり書きたくなった。

うん、ただの妄想です。
さらっと流して下さいね♪
スポンサーサイト
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
11 01
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。