スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行こぼれ話2

夕方に伊勢から名古屋駅経由で帰るさつきのひかりさんとかほりさんのお見送りを名古屋駅でしてきました~。
ま、その時に起こった笑える話題は後にして、先ほどの続き。


とりあえずチビくんを寝かしつけよう、ということでまずお風呂に入れることに。
さつきのさんがお風呂中はフツーに大人の女性の会話をしてました、たぶん……・。
確か来る最中の新幹線の中でのこととか、エンジェルリンクを受けるという話を聞いたかと。

お風呂から出たチビくんがお茶が欲しいというので、かほりさんがチビくんと自販機に向かいました。
さつきのさんはホテルの寝まきに着替えたので外に出れなかったので。
かほりさん、さすがに子供の扱いが上手です♪

出ていった2人を見送って
「あの二人で大丈夫かなぁ」
と思わず私がぽつり。
「あのさ、中身は子供二人でも片方3次元では大人だから心配する必要ないと思うけど」
とさつきのさんからさっそく突っ込みが。

はい、そのとーりでした……。
つーか私は自分の言動に逆に撃沈しました……orz

その後私がお風呂に入って、次にかほりさん。

私がお風呂に入っている間に精油のことをお話しされていたようで、ホテルの机(?)の上じゅう精油が(笑)

いくつか試させてもらいました。

かほりさんがお風呂から出てからは、さつきのさん持参の石を見せてもらったり、こちらがちょっとだけ持っていった石を見せたり。

そうそう、かほりさんがご自分で?作った行動予定表を清明神社から帰るバスの中に置いてくるというハプニングが。
家人に頼んでホテルにFAXしてもらい、ホテルマンの方が部屋に届けてくださいました。

それをチビくんが受け取ってくれたのですが、なぜかチビくん、私にそのFAXを渡すんですね~~。

それを見てかほりさんとさつきのさんは大ウケ。
どうも夕御飯の時からチビくんが私にすごく素直に話を聞くからと言って、絶対にチビくんにレオン君が降りているって言うんですよ。
その流れで大事なものはエル・フィンの本体である私にFAXを渡したと…………。

で、私は何故かそれをさつきのさんに渡しそうになり、あわててチビくん&かほりさんの方に差し出しました。

更にそれを見てウケるかほりさんとさつきのさん……。
「今の絶対にエル・フィンさんの仕事での癖だよね~」って……。
確かに!書類はトールさんにしか回しませんけどっ!!

結局チビくんはさつきのさんにそのFAXを渡し、そして本来の所有者であるかほりさんに。
なんでFAXでこんなに脱力する羽目になるのやら……。

その後チビくんを寝かしつけよう、とさつきのさんがするのですが、明るいせいか、私たちが起きているためか全然寝付いてくれません。

仕方ないので寝付きやすいように三人ベッドに横になり、部屋も暗くしてとりあえず静かにしました。
モノの5分もしないうちにチビくんはお休みに~。
本当に寝付きが良かったです。

その後そんなに部屋は明るく出来ないのですが、チューハイを飲みながらディープに上の仕事の話と前世で一緒に軍に居た頃の話とか、デオンさんのこととか、etc.

いくつかの疑問を質問してさつきのさんに答えてもらったり。

上の人の言動にある程度引っ張られるのはある程度仕方がないことなので、気にする必要はないと教えていただいたのが一番ほっとしたかなぁ。

そして私が訊いたいくつかの話は全然かほりさんがご存知のないもので(というよりどう話してよいかわからないので話してない)、なのに二人でディープに話し込んでしまいました。

でもかほりさん、話の最中に全然質問しないんですよ~。
それに気付いたトール@さつきのさん、
「聞きたいことはないの?」
と時折振ってくださいました。

ごめん、レオン@かほりさん、全然鈍くて…………。
話によるとレオン君て気には今わからないものを無理して分かろうとしないので、別に分からない話をされてもとりあえず聞いているというスタンスをとっちゃうという。

しばらくディープ話をして1時過ぎだからということで寝る為に暗くしてベッドに入ったのですが、結局ずーっと喋ってました。

その最中にいきなりかほりさんが
「ちょっと手を良いですか?レオン君がやりたいことがあるそうです」
と言いだしました。

「?????」とする私とさつきのさんの手を取っていきなり手をつなげさせました。
「レオン君はこうしたいそうーです」
って、何をさせるんですか~~~~~~~???

2人としては上司部下みたいな変な気分なので、別に手をつなぎたいとかないんですけど~orz
でもそれがいいみたいとかなんとか。
ウチら二人は大ウケしましたが。

それからしばらく話しこんで気がついたら3時に。

その後にいきなりエネルギーが足りないという話になり、さつきのさんがかほりさんにエネルギーを流し始めました。
「熱い~~~」
というので、じゃあ、アース線の役割で手を繋いでたら、
「エル・フィンさんも足らないから流します」
と言いだされ、結局充電されてしまいました。

しばらくして
「うん、とりあえず終了」
「終わりましたか」とかほりさん。
「レオン君だけね、エル・フィンさんはそのまま続行しているから」
って何でそんなんなのですか、トールさん………・。

そして私はそのうち寝落ちました~。

で、翌日に続きます。
長っ!!
スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。