スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェーンのこと 其の三

続けて“お話”も何なので、シェーンのこと。
つってもネタは5月下旬のことなんですけどね。

ちょうど封印解除ワーク2回目をした後のことです。
あ、これの一回目も興味があったら読んでみてください。

この後ショッピングセンターへお出かけ~したのですが、本当は出かけずにおうちでまったりすることをお勧めします、はい。

その最中なぜか上と繋がっちゃって見たモノなんですけど。
あまりに短くて馬鹿らしいので「水晶薔薇庭園館綺譚」には入れませんが。

クリロズでちょうどエル・フィンがレオン君に剣を教える為に裏庭?に行こうと部屋を出たところで、シェーンが戻ってきました。

「よお!下のワークのフォロー終わったぞ~」

と、シェーンが言った時、エル・フィンが静かに振り返って、おもむろに手に持っていた鞘に入った剣でおもむろに、ゴン☆と頭の上に降ろしました。

勢い付けて、とかじゃないのですが、やっぱりドラゴンでもそれは痛かったらしく、

「いきなり何するんだよっ!」

と怒りました(当然ですよね?)

「お前が下をしみじみと『女だったんだな~』と言ったことに対する報復」

とサラリ。
ええ、確かにその時は半分気持ち的に殴ってやりたい気分でした。
でも見えないドラゴンをたたくことなど出来ず、依り代のぬいぐるみをたたくのも何か微妙な気分だったので、やってませんが。

「ちょっと待てー! それはもう2・3日前のことだろう!何で今さら殴るんだ」
「下と繋がっていない時にやっても下が納得しないだろ。今繋がっているからちょうどいい機会だからやった」

この時に初めて上も下と繋がっているかどうか感知出来るんだなぁ~と知ったのでした。

「ならば下のお前もお前だろ!下は女なんだから、男の俺に見られて恥ずかしがるとか、気を使うとか!そう言うのはないのか?」
「お前相手に?馬鹿らしい」(←本体注:いやまさしくその通りの気持ちでした)
「そうやって羞恥心が欠落しているのも問題だろ」
「そもそも魂が繋がっている相手に恥ずかしいも何もないだろう、身内だし」
「それでも普通はな~……」

などなど…………。
延々やりあっておりました☆

近くに居たレオン君は唖然とその様子を見ていたかな?

私とこっちに付いてきたシェリルはその様子を見て、こらえきれず笑っておりました。
(傍から見れば一人で笑いをこらえている変な人ですが☆)

しばらくして切りましたけど。
ま、そう言うどちらかというと「身内」なドラゴンです、シェーンは。



スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07 09
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。