スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅緋古譚 8 独房

 膝を抱えてうずくまる。
 捕まえられて、もうどれくらいになるのだろうか。

 一枚だけ支給された毛布を上からかぶって、膝を抱える。

 独房。

 ここに入れられた初日は疲れてそのまま寝てしまった。
 あまりにも動かないので、軍医がやって来て診察された。
 そいつは診察以外は何もせずに、
 「栄養剤だ」
 と薬だけ飲ませて立ち去った。

 後から考えたら、かなり珍しい部類の軍医だった。
 ただ単に面倒だったのかもしれない。

 もう、どうでも良かった。

 定期的に入れられる食事も、気が向かなきゃ食べなかった。
 時々観察用の小窓から、誰かが覗いていた。

 こんなに独りでいるのも、犯されもせず平穏に過ごせるのも久しぶりだな。
 そして緊張せずにいら得るのも。

 このままずっとここに居た方が良いな。
 そんな事を考えて過ごした。

 しかし時はやってきた。
 がちゃんと、カギとドアが開く音がして、外に出るように言われる。

 仕方なしにそこを出て、更に何処かに連れていかれた。
 そしてそこにいる人物に言われた。

 今回は相手が問題だったため、殺人の罪は問われないこと。
 独房に入っていた期間を処分期間とし、後は咎められないこと。

 そして、私は別のカリキュラムが追加されると言うこと。

「君の手口は基礎を知っただけにしては、なかなかだった。さらに実戦で洗練されて出来るようにしておいた」

 何かにやけた、下心がありそうな好色そうな顔をしていた。
 ふうん、と私は思っただけだった。
 そしてその新しい教官のところへ行くように言われた。


 新しい教官は私に細身の鍔のない剣を渡した。
 装着方法と、それの出し方、使い方を教わる。
 同時にその素早い出し方を訓練させられる。

「よし、それを持っていけ。常に身につけていろ」

 そう言われた。
 静かに私はその教官を見た。

「対価は?脱げばいいのか?」

 そう、ここでただでモノが貰えるわけがない。
 支払うべきものは何も持ってない。
 だとしたら男たちの要求するものは決まっている。

「要らない、既に貰った」

 にやにやしながらそいつは言った。
 理由が分からずまっすぐ見る。

「まずあの医者だ。俺の気に入りに手を出しやがって、腹が立っていた。それを殺ったのが一つ。
 そして二人とは言え、実戦で殺せる相手を作ってくれた礼だ。人形相手に人殺しのスキルなんて、ある程度までしか上がらない。どうしたものかと悩んでいたとこだった」

 どうやら私が手を掛けた奴の2人が、取りあえず生きていたらしい。
 そしてそいつらは処分として、他の訓練生の実践相手に使かわれたようだった。

 ふうん、と思ってそのまま部屋を出ようとする。

「ま、それでも払うって言うなら、貰っておくけどな」

 そう言ってそいつは下半身を撫でまわした。
 ので早速貰った剣を使って、のどに突き刺す。

「飲み込みが早いな、お前。そう、そうやってたくさん実践相手を作ってくれ。殺せば殺すほど、兵士の腕は上がるからな」

 そう言うとそいつは手を離した。

「もっとも複数に襲われたら、今の手は使えないだろね。その場合はヤリ終わった後に襲うと良い。
 その時が一番男は気が緩んでいて、しかも動きが鈍いからね。
 そして出来れば、戦闘出来なくて生きている状態にしてくれるといいな」

 無茶を言う。
 そう思って睨みつけた。

「じゃあ、お前の体と引き換えに、どこを斬ればいいか教えるてやる。それで良いだろ?」

 言うといきなり腕を取られる。
 速い。
 さすが実践戦闘教官だけある。
 あっという間に腕を抑えつけられ、縛られ戦闘不能される。
 これでは先ほどの剣が付かない。
 机の上に転がされて、睨みつける。

「ふーん、良いなぁ、その目。確かにそそられてついやりたくなるなぁ」

 言うと奴は私の下半身を脱がせた。

スポンサーサイト

水晶薔薇庭園館綺譚36 変容(4月初め)

「いたたたたたっ!!」

 いきなりそんな声が聞こえて、慌てて部屋に行く。
 するとベッドの上でうつ伏せになり、シーツを握り痛みに耐えている静の姿があった。

「どうした?何処が痛い?」
「せ…なか、急に、いたっ!」

 みると背中の方が何か盛り上がっている。
 慌てて服を裂いて開いてみると、そこには30センチほどの白い羽が生えていた。

「羽?」

 ここの高波動に刺激され、急激に変容がすすみ、進化した為に羽が生える時に痛みとして現われたらしい。

「これなら大丈夫。ヒーリングして痛みを取ってあげましょう」

 救急箱?を持ったティーラがそれを見て、そう言う。
 二人でベッドに腰掛けて二人で手をかざしてヒーリングを開始する。

「俺、どうなったの?」
「羽が生えただけだ。大丈夫、しばらく休めば平気になる」

 そう言いながらヒーリングを続ける。
 それが効いてきたのか、ウトウトし始める。

「このまましばらく寝てなさい」

 そう言うと眠気にあがらおうとしていた彼の瞼がすとんと落ちる。
 そのまま寝息を立て始める。

 それを見てヒーリングを辞め、上掛けを生えたばかりの羽にかからないようにかけて、二人で部屋を出た。

「大丈夫?震えているわ」

 部屋を出た途端にティーラに手を取られ、そう言われる。
 その手は自分の意思とは裏腹に小刻みに震えていた。

「怖かった……。あの子があの子じゃなくなるんじゃないかって」
「あの子は大丈夫よ、心配しないで。もう一人の子も今頑張っているわ。信じてあげましょう」
「うん、ありがとう、ティーラ」

 そう言ってティーラを抱きしめた。


++++++++++

えーと、静くんがウチに下宿し始めて2日後の事でした。
ちょうどレイキの発霊法をやっていた時に見えちゃったんだよね。

ちなみにこの時、しーちゃんを別の名前で呼んでいたよ―な……。
既に忘却のかなたですが orz

ちなみに今は大体70~80センチほどになっているよーです、しーちゃんの羽。
だいぶ慣れたみたいだw

ただ手入れされるのが苦手みたいで、逃げようとしますw
でもティーラさんに泣かれそうになり、結局逃げられず~、フィンはその様子を微笑ましく?眺めてます。

なんだかな~~~…。

現在の状況

え~とぉ、現在の上の状況をそろそろちょっと 苦笑
本当にどーしていいのやらで、放っておりましたが、ある程度安定したようなので。

一応現在中性体です。
でも一応は、男性性寄りで、エル・フィンに似ています。
というのはツインが現在ティーラさん(女性性)の方がメインだから 笑
たぶんそれでだと思います。

身長もちょっと低いのかな?
でも175~180は確実にあるので、そんなに変らないですね~~。

んで、常ににこにこしている感じがする、んですよ、これが。

ええ、エル・フィンではぜってーにっ!!ありえねーですねっ!! ←ヤケ

ブルーヤロウからは殆ど出れませんが、一応その中で自由行動は許されるくらいに回復してます。
もっとも無理する気もありゃしませんが。
たまにこっそり抜けだしているっぽいが、それも全部ツインがらみだし。
うん、ツインが関わんなきゃ無理する気はさらさらない。

そもそも仕事をかれこれ1カ月くらい休んでますが、全然それでも平気だし、焦って無いし。
なんかね~、これにかこつけて辞めても良いくらいの気持ちでいるし。

あ、でも今日辺りに久しぶりにセーラムさんには会いたい気持ちになっていた。
テスも気になるし。

そうそう、それと名前ですが
フィン
で大丈夫なよーですw
今後そーやって読んでくださいませww

そもそも“フィン”って天使時代の名前の愛称です。
フルネームは思い出せません orz
その為、ルークさんはちょっと前から「フィン」とこちらの事を呼んでましたね。

ただね、本体未確認ですが、フィンの更に上の人が居るよーで、こっちは女性性のリリアナに近い感じだそーです。
時々ツインさん本体の方に行っているとか??
この人もどうやら「フィン」なんですけどねぇ……。

ま、そのうちはっきりするだろう(希望)

地雷が……。

昨日爆弾が来た話を振り返ったら、今日また地雷がやってきました。

つーかさ、一体これ、何のシンクロ??????
ぷろでゅーさー一体誰??

そんな訳でパニクッておりやす。

そしてさらに時限式の地雷を他に投げる私……。

ごめんね。

とりあえず

テストで書いてます。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

たか1717

Author:たか1717
なに見え遠足三期生です。
参加した後に起こった色々な「上」及びその関連のことを書いてます。
妄想かもしれないこの話、楽しんで頂けるとありがたいです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。